IM
    レポート
    本城直季  (un)real utopia
    東京都写真美術館 | 東京都
    まるでミニチュアの世界。都市の姿をジオラマのように撮影する独特の表現
    サバンナを捉えた「kenya」や「small planet」など、ユニークなシリーズも
    本城直季、初の大規模巡回展。開催地・東京の街を撮り下ろした作品も展示

    風景や人物をジオラマの様に見せる撮影が特徴の写真家・本城直季。大判カメラの“アオリ”を用いてユニークな作品を紹介する展覧会が、東京都写真美術館に巡回中です。



    会場風景


    「introduction」では、大学4年の時に借りた大判フィルムカメラで試行錯誤しながら撮影した写真の一部を紹介しています。空撮でのピント確認とその練習に使用したインスタントフィルムによる写真から、その後の「small planet」シリーズに繋がる過程をみることができます。



    「introduction」


    本城直季の作品と言えば、まるでミニチュア作品を見ているかのような「small planet」シリーズ。 大判カメラを使用し、1枚ずつ空撮された写真は、動き続けるヘリの中で一瞬を捉えたものです。

    一見すると不思議な世界のようにみえますが、写真のように一瞬で風景全体を把握できない人の視線にとても似ていると本城は話します。



    「small planet」シリーズ


    ケニアでの撮影で難儀したのは、僅かな音にも反応する動物たちです。300枚ものフィルムのうち、上手くとれたのは10分の1程度だそう。

    雨季と乾季により成長する草木や、それを食べつくす草食動物たち。ケニアの草原は、自然や動物によって作り出される痕跡が感じられます。



    「kenya」


    オルゴールの箱の様に並べられているのは「treasure box」。戦後間もない頃、荒廃した現実とは異なりキラキラとした世界で人々を魅了した宝塚の、今も光り輝く華やかな世界を写し出しています。



    「treasure box」


    市原湖畔美術館からはじまり、高知、宮崎、岩手と巡回をしてきた本展。開催地それぞれの街並みを撮影した写真も見どころです。

    繰り返し増殖する建物が続く広大な都市・東京。展望台から眺める景色は模型のようですが、人工的に作られた仮想空間にも感じられます。 東京オリンピックの開催に向け再開発が進み、競技場周辺だけでなく、いたるエリアに高層ビルが立ち並んでいることが分かります。



    「tokyo」


    東京と対比することができるのは「kyoto」。四季を通した日本らしい街並みや文化、自然との融合が感じられます。



    「kyoto」


    学生の頃からカメラを持ち歩き、ポラロイドカメラを使って街並みを撮影していたという本城。ボケや色味、構図だけでなく、写真の楽しさを教えてくれたポラロイドならではの作品も紹介されています。



    日常の写真


    2011年に起きた東日本大震災の様子を収めているのは「tohoku 311」。連日被災地から数々の報道が行われる中、街がなくなるとはどういうことか、記録としてでも撮影をしようと決心し震災から3ヵ月後に撮影された作品です。撮影された写真には、風化されることのない陸前高田の様子も収められています。



    日常の写真


    学生の頃から訪れていた東京都写真美術館での個展は非常に嬉しいと語る本城。これまでの作品を凝縮してみることができる、コンパクトな空間でそれぞれの“まち”の不思議を楽しんでほしいと語っていました。

    [ 取材・撮影・文:坂入 美彩子 / 2022年3月18日 ]


    「small planet」シリーズ
    「Tokyo,Japan」2021
    日常の写真
    「industry」
    小学校の校庭で起こる1年間の行事を撮影した「small garden」
    真夜中に裏路地から漏れる光を撮影した「LIGHT HOUSE」
    会場
    東京都写真美術館
    会期
    2022年3月19日(土)〜5月15日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~18:00(木・金は20:00まで) ※入館は閉館時間30分前まで
    休館日
    毎週月曜日(ただし3月21日、5月2日は開館)、3月22日(火)
    住所
    〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3  恵比寿ガーデンプレイス内
    電話 03-3280-0099
    公式サイト https://honjonaoki.exhibit.jp/
    料金
    一般1100円、学生900円、中高生・65歳以上550円 
    *オンラインによる日時指定予約を推奨いたします
    展覧会詳細 本城直季  (un)real utopia 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
    東京都
    【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
    東京都
    東広島市立美術館 学芸員募集中! [東広島市立美術館]
    広島県
    川口市立科学館 サイエンスコミュニケーター急募!【契約社員】 [川口市立科学館]
    埼玉県
    契約職員募集(公益財団法人静岡市文化振興財団) [財団事務局、静岡市民文化会館、静岡音楽館、静岡科学館、静岡市美術館、静岡市歴史博物館、静岡市生涯学習センター各施設等]
    静岡県
    展覧会ランキング
    1
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    開催中[あと19日]
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    2
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと47日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    3
    佐賀県立美術館 | 佐賀県
    どがんなっとっと展
    開催中[あと26日]
    2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
    4
    駿府博物館 | 静岡県
    柴田ケイコ「パンどろぼう」展
    開催中[あと26日]
    2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    自然と人のダイアローグ
    開催中[あと33日]
    2022年6月4日(土)〜9月11日(日)