IM
    レポート
    芭蕉布-人間国宝・平良敏子と喜如嘉の手仕事-
    大倉集古館 | 東京都
    戦後に消滅しかけた沖縄の織物・芭蕉布を復興。人間国宝・平良敏子の歩み
    柳宗悦の『芭蕉布物語』に触れて、出身地・喜如嘉での芭蕉布の復興を決意
    多大な時間と手間をかける伝統技法に、平良が考案したオリジナルの絣柄も

    亜熱帯を中心に分布する植物・芭蕉からとれる天然繊維を原料にした織物、芭蕉布。沖縄を代表する織物ですが、戦後の混乱でその伝統技法は消滅しかけていました。

    その技法を復興させたのが、平良敏子(1921-)です。2000年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された平良敏子の手仕事を紹介する展覧会が、大倉集古館で開催中です。



    大倉集古館「芭蕉布-人間国宝・平良敏子と喜如嘉の手仕事-」会場入口


    かつては奄美から沖縄、南西諸島一帯で作られていた芭蕉布。軽く張りがあって肌に纏わりつかない芭蕉布は、琉球では王族から庶民まで着用され、中国や周辺国への貢物や貿易品でもありました。

    江戸時代の日本にも薩摩を経由して入っており、芭蕉布でつくられた裃は、武家の夏の正装として着用されました。



    (左から)芭蕉布 着物「赤染 コーザー」平成12年(2000)芭蕉布織物工房[全期間展示] / 煮綛芭蕉布 琉球着物「黄地 小鳥 引下 綾中」平成11年(1999)公益財団法人 日本伝承染織振興会[展示期間:6/7〜7/3]


    琉球王国時代は、士族が赤や黄色の芭蕉布を纏う一方で、庶民が着用できるのは生成りや茶色などに限られていました。

    喜如嘉(きじょか)で作られる芭蕉布も以前は生成り、茶色、藍色が基調でしたが、昭和後期から琉球王国時代の「煮綛(ニーガシー)」技法を再現。沖縄の天然染料で、鮮やかな色彩を生み出しています。



    (左から)煮綛芭蕉布 胴衣 裙「黄地 胴衣 無地 裙」平成23-24年(2011-2012)芭蕉布織物工房 / 煮綛芭蕉布 胴衣 裙「ハベル付 藍方筋 胴衣 茶地 裙」平成24年(2012)喜如嘉の芭蕉布保存会[ともに全期間展示]


    平良敏子は沖縄県大宜味村喜如嘉生まれ。母から織物の基礎を学び、戦時中は女子挺身隊の一員として岡山県倉敷市の航空機製作所で働き、倉敷の地で終戦を迎えます。

    平良を支援していた倉敷紡績社長の大原総一郎のはからいで、民芸運動の指導者で染織家の外村吉之介(とのむらきちのすけ)に師事。柳宗悦が著した『芭蕉布物語』を見て、出身地の喜如嘉で作られていた芭蕉布の復興を決意しました。



    (右奥)『芭蕉布物語』(初版)柳宗悦著 1943年(昭和18)芭蕉布織物工房[全期間展示]


    終戦翌年の昭和21(1946)年に帰郷した平良敏子ですが、当時、芭蕉畑はマラリアを媒介する蚊の発生源になるとして、アメリカ軍によって焼き払われていました。

    当初は米軍払い下げの毛布やテントをほどいて糸を織らざるを得なかった平良ですが、やがて芭蕉布づくりに取り組んでいく事となります。



    (左から)芭蕉布 着物「三羽 方筋」昭和 芭蕉布織物工房 / 芭蕉布 琉球着物「型付 舞菖蒲」令和2年(2020)大宜味村 / 芭蕉布 着物「格子柄」昭和 芭蕉布織物工房[すべて展示期間:6/7〜7/3]


    伝統的な芭蕉布の製作には、多大な時間と手間がかかります。

    3年間に及ぶ糸芭蕉の栽培からはじまり、収穫、煮熟、糸作り、絣糸の手括り、染め、手織り、洗濯と、何段階も経た後に、ようやく反物に。芭蕉の繊維は綿や絹より硬く、乾燥すると切れやすいこともあり、すべての工程において熟練した技術が必要です。



    道具類


    喜如嘉で織られる芭蕉布に絣柄が入るようになったのは以外と新しく、明治30年代からです。

    沖縄の織物が商品として扱われるようになると、単純な無地や縞だけでなく、他地域の織物も参考にして絣柄が取り入れられるようになりました。



    (左上から)芭蕉布 裂地「四玉 クヮーサー 番匠」平成 芭蕉布織物工房 / 芭蕉布 裂地「藍コーザー 蘇鉄の葉」平成 芭蕉布織物工房 / 芭蕉布 裂地「経 銭玉」平成 芭蕉布織物工房[すべて全期間展示]


    昔からある小鳥の絣を応用して、平良敏子が考案したオリジナルのツバメ柄が「小鳥」です。

    民芸運動にかかわりが深い陶芸家のバーナード・リーチが「このツバメはまるで翔んでいるようだ」と感心したと伝わります。



    芭蕉布 着物「一玉小鳥」昭和58年(1983)芭蕉布織物工房[全期間展示]


    大倉集古館は、明治から大正時代にかけて活躍した実業家・大倉喜八郎(1837〜1928)が、明治35年(1902)に自邸内に開館した大倉美術館が前身です。大正6年(1917)に財団法人化しました。現存する日本最古の私立美術館、かつ、日本で最初の財団法人の私立美術館でもあります。

    伊東忠太が手がけた建築も独特の魅力を放つ大倉集古館。会場の雰囲気にもとてもマッチした展覧会です。事前予約なしでお楽しみいただけます。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2022年6月13日 ]

    (左から)煮綛芭蕉布 琉装着物「ムディー 綾 番匠くずし」平成8年(1996)公益財団法人 日本伝承染織振興会[展示期間:6/7〜7/3] / 煮綛芭蕉布 着物「九年母地 ヤシラミー 碁盤」平成 個人蔵[全期間展示]
    (左から)芭蕉布 着物「クワイヤー 番匠」昭和 芭蕉布織物工房 / 芭蕉布 着物「銭玉 番匠」昭和50年(1975)芭蕉布織物工房[ともに全期間展示]
    芭蕉布 帯地「藍コーザー アササ」平成 芭蕉布織物工房[全期間展示]
    (左奥から)芭蕉布 着物「藍 コーザー 引下」昭和 芭蕉布織物工房 / 芭蕉布 着物「藍 コーザー 引下 眉引」平成 個人蔵 / 芭蕉布 着物「藍 環掛」昭和 喜如嘉の芭蕉布保存会[すべて全期間展示]
    会場
    大倉集古館
    会期
    2022年6月7日(火)〜7月31日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00~17:00(入館は16:30まで)
    休館日
    毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
    住所
    〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-10-3 (The Okura Tokyo 正面玄関前)
    電話 03-5575-5711
    料金
    一般:1,300円
    大学生・高校生:1,000円※学生証をご提示ください。
    中学生以下:無料
    ※会期中お着物でご来館の方は200円引き(割引併用不可)
    展覧会詳細 芭蕉布-人間国宝・平良敏子と喜如嘉の手仕事- 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    国立工芸館研究補佐員(学芸業務)公募 [国立工芸館]
    石川県
    【パート】神戸海洋博物館 運営スタッフ 募集! [神戸市中央区波止場町2-2(神戸海洋博物館)]
    兵庫県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと138日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと27日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    3
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと13日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    4
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと20日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    5
    静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
    画鬼 河鍋暁斎×鬼才 松浦武四郎
    開催中[あと20日]
    2024年4月13日(土)〜6月9日(日)