IM
    レポート
    ダムタイプ|2022: remap
    アーティゾン美術館 | 東京都
    ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館の帰国展、2回目はダムタイプ
    レーザー光線で描かれたテキストと、回転式超指向性スピーカーからの問い
    プロジェクトには坂本龍一も参加し、作品のために1時間のサウンドを作成

    2年に一度開催される現代美術の国際展、ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展。1895年から120年以上の歴史を重ね、今なお大きな影響力を持っています。

    2022年4月から11月にかけて開催された第59回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本館展示に選出されたのは、ダムタイプです。アーティゾン美術館では2回目となる帰国展が、同館で開催中です。


    アーティゾン美術館「第59回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap」会場入口
    アーティゾン美術館「第59回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap」会場入口


    ヴェネチアでは新作インスタレーション《2022》が展示されましたが、展覧会では《2022: remap》として、会場にあわせて日本館の内部を90%の比率で再現。レーザー光線が照射され、北・東・南・西の方角に置かれた高速で回転する鏡に反射し、四方の壁に投影されています。


    アーティゾン美術館「第59回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap」展示風景
    アーティゾン美術館「第59回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap」展示風景


    レーザー光線は超高速で明滅し、テキストを生成。限定された狭いエリアのみで音が聞こえる回転式超指向性スピーカーからの音とともに、さまざまな質問が発せられています。


    アーティゾン美術館「第59回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap」展示風景
    アーティゾン美術館「第59回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap」展示風景


    投げかけられる質問は「地球とは何ですか?」「国はいくつありますか?」など。1850年代のアメリカの地理の教科書から取られたもので、シンプルで普遍的な問いです。

    インターネットやソーシャルメディアによって大きく変化した、コミュニケーションの方法や、世界を知覚する方法について、改めて振り返ることを意図しています。


    アーティゾン美術館「第59回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap」展示風景
    アーティゾン美術館「第59回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap」展示風景


    今回のプロジェクトには、故・坂本龍一氏も参加し、作品のために1時間のサウンドを作成。また、それとは別に、坂本氏の呼びかけにより世界各地でフィールドレコーディングされた音も、ターンテーブルから流れています。

    ターンテーブルの場所は、東京からの方位に従って配置されています。


    アーティゾン美術館「第59回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap」展示風景
    アーティゾン美術館「第59回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap」展示風景


    日本におけるアート・コレクティブの先駆け的な存在といえるダムタイプ。会場は暗い空間と光の文字、そしてわずかな音だけ。壁面には説明が無いのでちょっと戸惑うかもしれませんが、まずは空間に身を委ねてください。解説が記されたリーフレットは、会場出口で配布されています。

    別のフロアでは「アートを楽しむ ー見る、感じる、学ぶ」と「石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 画家の手紙」も同時開催中です。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2023年2月24日 ]

    「アートを楽しむ ー見る、感じる、学ぶ」展示風景
    「石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 画家の手紙」展示風景
    会場
    アーティゾン美術館
    会期
    2023年2月25日(土)〜5月14日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:00ー18:00(5月5日を除く金曜日は20:00まで) *入館は閉館の30分前まで
    休館日
    月曜日
    住所
    〒104-0031 東京都中央区京橋1-7-2
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    料金
    日時指定予約制
    ウェブ予約チケット1,200円、当日チケット(窓口販売)1,500円、学生無料(要ウェブ予約)
    *当日チケット(窓口販売)はウェブ予約枠に空きがある場合に販売します。
    *中学生以下の方はウェブ予約不要です。
    *この料金で同時開催の展覧会を全てご覧頂けます。
    展覧会詳細 ダムタイプ|2022: remap 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    【急募】ながのこども館ながノビ! オープニングスタッフ募集 [ながのこども館 ながノビ!]
    長野県
    石川県教育委員会事務局職員(近世史料編さん専門職員)募集(R7.4採用) [文化財課、金沢城調査研究所など]
    石川県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと75日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと63日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと63日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと6日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    5
    東京都 | 東京都
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催まであと102日
    2024年11月1日(金)〜2025年2月2日(日)