IM
    レポート
    葛飾応為「吉原格子先之図」 ―肉筆画の魅力
    太田記念美術館 | 東京都
    葛飾北斎の娘、応為が描いた傑作《吉原格子先之図》3年半ぶりにお目見え
    絵師に嫁ぐも離縁して北斎の元へ。特に美人画は北斎を凌ぐといわれる力量
    展覧会は肉筆浮世絵だけでの構成。それぞれの絵師の力量をご堪能ください

    前回の展示では入場制限を実施したほどの人気作、葛飾応為(生没年不詳)の《吉原格子先之図》が3年半ぶりに登場。

    あわせて、菱川師宣から小林清親まで館蔵の肉筆浮世絵がずらりと並ぶ豪華な展覧会が、太田記念美術館で開催中です。


    太田記念美術館「葛飾応為『吉原格子先之図』」会場
    太田記念美術館「葛飾応為『吉原格子先之図』」会場


    2020年の「開館40周年記念 太田記念美術館所蔵 肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為」以来となる《吉原格子先之図》は、会場冒頭に早速登場します。

    葛飾応為は北斎の三女。絵師に嫁ぎますが離縁されて戻り、晩年の北斎の傍らで作画を手伝いました。卓越した画力を持ち、特に美人画については、北斎自身も及ばないと語ったそうです。

    作品は、新吉原の妓楼、和泉屋を描いたもの。自らの姿を見せる遊女たちがシルエットで描かれるなど、西洋風の陰影表現が目をひきます。


    太田記念美術館「葛飾応為『吉原格子先之図』」会場より 葛飾応為《吉原格子先之図》文政~安政(1818~60)頃
    葛飾応為《吉原格子先之図》文政~安政(1818~60)頃


    第1章は「人を描く」。寛文美人図の流れもあり、肉筆浮世絵では掛け軸に一人立の女性像を描いた作品が定番で、特に初期浮世絵時代には多くの作品が描かれました。

    懐月堂安度が率いた懐月堂派は、工房で肉筆美人画を多数制作。堂々とした体躯やカ強い衣紋線は、懐月堂派の典型的な人物表現です。


    太田記念美術館「葛飾応為『吉原格子先之図』」会場より (左から)懐月堂派《立美人図》宝永~正徳(1704~16)頃 / 梅祐軒勝信《若衆立姿図》正徳~享保(1711~36)頃
    (左から)懐月堂派《立美人図》宝永~正徳(1704~16)頃 / 梅祐軒勝信《若衆立姿図》正徳~享保(1711~36)頃


    こちらは、笑みを浮かべる遊女が描かれた作品。大きな髪飾りと前結びの帯で、とても豪華な印象です。打掛の孔雀の羽根は、毛が飛び出ていることから、模様ではなく縫い付けられていることも分かります。

    作者の歌川豊清は、歌川豊広の子。歌川豊国に入門し、美人画などで卓越した作品を残していますが、残念ながら早世しました。


    太田記念美術館「葛飾応為『吉原格子先之図』」会場より 歌川豊清《花魁立姿図》文化9~文政3年(1812~30)頃
    歌川豊清《花魁立姿図》文化9~文政3年(1812~30)頃


    第2章は「市井を描く」。肉筆浮世絵には、江戸市中を中心とした、町のにぎやかな光景もしばしば描かれました。

    浅草寺付近を描いた《浅草寺図》では、駕籠で訪れた高貴な身分の少女や、門前で商売をする商人たちなど、さまざまな人々をにぎやかに描写。右上には、風雷神門(雷門)と思われる建物も描かれています。


    太田記念美術館「葛飾応為『吉原格子先之図』」会場より 作者不詳《浅草寺図》江戸時代前期(1603~1700)頃
    作者不詳《浅草寺図》江戸時代前期(1603~1700)頃


    宮川長亀の《吉原格子先之図》は、吉原遊廓内の光景を描いたもの。男性たちが格子越しに遊女を品定めし、遊女は客を得ようと視線を送っています。

    《浮絵歌舞伎劇場内の図》は、歌舞伎劇場内を描いた作品です。揚幕の紋から中村座だとわかります。作者は役者絵を専門とした鳥居派の絵師と思われ、透視図法を元にした「浮絵」の技法が用いられています。


    太田記念美術館「葛飾応為『吉原格子先之図』」会場より (左から)宮川長亀《吉原格子先之図》享保~寛延(1716~51)頃 / 鳥居派《浮絵歌舞伎劇場内の図》宝暦7年(1757)頃
    (左から)宮川長亀《吉原格子先之図》享保~寛延(1716~51)頃 / 鳥居派《浮絵歌舞伎劇場内の図》宝暦7年(1757)頃


    第3章は「風景を描く」。浮世絵で純粋に風景を主眼においた作品が描かれるようになった時期は意外に遅く、本格的な流行は、北斎や広重が人気になった天保(1830〜44)以降です。

    広重は晩年に肉筆画で江戸や諸国の風景を盛んに描きました。会場には日光の有名な3つの滝を描いた三幅対と、上州三山のうち妙義山と榛名山を題材にした三幅対が並びます。


    太田記念美術館「葛飾応為『吉原格子先之図』」会場より (左3幅)歌川広重《日光山華厳ノ滝(右)、日光山霧降ノ滝(中)、日光山見ノ滝(左)》嘉永2~4年(1849~51)頃 / (右3幅)歌川広重《上野榛名山雪中(右)、上野妙儀山雨中(中)、上野中ノ嶽霧晴(左)》嘉永2~4年(1849~51)頃
    (左3幅)歌川広重《日光山華厳ノ滝(右)、日光山霧降ノ滝(中)、日光山見ノ滝(左)》嘉永2~4年(1849~51)頃 / (右3幅)歌川広重《上野榛名山雪中(右)、上野妙儀山雨中(中)、上野中ノ嶽霧晴(左)》嘉永2~4年(1849~51)頃


    第4章は「物語を描く」。古くから伝わる説話や歴史上の物語、創作された話などに登場する人物も、肉筆浮世絵に描かれました。

    《神功皇后図》は、神功皇后の三韓征伐を題材にした作品。右幅に神功皇后、左幅に生まれたばかりの皇子(のちの応神天皇)を抱く武内宿禰が描かれています。作者の二代葛飾戴斗は、葛飾北斎の弟子です。


    太田記念美術館「葛飾応為『吉原格子先之図』」会場より 二代葛飾戴斗《神功皇后図》文政~嘉永(1818~54)頃
    二代葛飾戴斗《神功皇后図》文政~嘉永(1818~54)頃


    太田記念美術館の展覧会で、肉筆画だけで構成されるのも、2020年に葛飾応為《吉原格子先之図》が公開された時以来なので、約3年半ぶり。版画と違ってサイズが大きいことに加え、肉筆画はそれぞれの絵師の力量がダイレクトにに感じられることもあり、見どころたっぷりです。

    一般的に展覧会は、会期後半が混む傾向があります。お早めにどうぞ。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2023年10月31日 ]

    (左から)山本藤信《やつし俣野石投げ》宝暦〜明和(1751~72)頃 / 勝川春章《達磨と美人図》天明7~8(1787~1788)頃
    太田記念美術館「葛飾応為『吉原格子先之図』─光と影の美」会場風景
    会場
    太田記念美術館
    会期
    2023年11月1日(水)〜11月26日(日)
    会期終了
    開館時間
    10:30~17:30(入館17:00まで)
    休館日
    月曜日
    住所
    〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-10-10
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/
    料金
    一般 1000円 大高生 700円 中学生以下無料
    展覧会詳細 葛飾応為「吉原格子先之図」 ―肉筆画の魅力 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    【公益財団法人札幌市芸術文化財団】 学芸員(正職員)募集中! [札幌芸術の森美術館 他]
    北海道
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    展覧会企画運営スタッフ(正社員)募集|株式会社アートインプレッション [株式会社アートインプレッション]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと104日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    開催中[あと35日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    3
    国立西洋美術館 | 東京都
    内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙
    開催中[あと63日]
    2024年6月11日(火)〜8月25日(日)
    4
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    本日終了
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    5
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと92日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)