IM
    レポート
    繡と織 ― 華麗なる日本染織の世界 ―
    根津美術館 | 東京都
    染織品の加飾技法の中でも格式が高い織と繡(刺繡)に焦点を当てた展覧会
    根津美術館コレクションの礎を築いた初代根津嘉一郎が長年蒐集した染織品
    刺繡は染と組み合わせて小袖に、重厚な織は能装束に。技が光る作品を展観

    根津美術館のコレクションの礎を築いた、初代根津嘉一郎(1860~1940)。若い頃から古美術品に関心を寄せ、事業家として成功を収めると、多くの美術品を収集。絵画、彫刻、陶磁などさまざまな品を求めましたが、その意欲は染織品にも向けられました。

    染織品の加飾技法の中でも、日本では古くから格式が高いものとされてきた織と繡(刺繡)の作品に焦点を当てた展覧会が、根津美術館で開催中です。


    根津美術館「繡と織 ― 華麗なる日本染織の世界 ―」
    根津美術館「繡と織 ― 華麗なる日本染織の世界 ―」


    展覧会は4つのエリアに分かれており、最初は「上代染織」です。上代裂(じょうだいぎれ)とは、飛鳥時代(592~710)から奈良時代(710~794)の染織品のことです。

    《上代裂 緑地草花文刺繍》の宝相華や葉は「刺し繍(さしぬい)」で表現されています。輪郭をぼかす繧繝(うんげん)配色は、奈良時代の刺繍の特徴です。


    根津美術館「繡と織 ― 華麗なる日本染織の世界 ―」会場より 《上代裂 緑地草花文刺繍》奈良時代 8世紀
    《上代裂 緑地草花文刺繍》奈良時代 8世紀


    《残霞帖(上代裂手鑑)》は、53点の小片を収めた古裂帖で、帖の末尾には大正元年(1912)の紀年銘と「理堂」の墨書が見られます。「理堂(道)」は、奈良および京都帝室博物館館長、東京美術学校校長を務めた久保田鼎(1855-1940)の号です。


    根津美術館「繡と織 ― 華麗なる日本染織の世界 ―」会場より 《残霞帖(上代裂手鑑)》飛鳥~奈良時代 7~8世紀
    《残霞帖(上代裂手鑑)》飛鳥~奈良時代 7~8世紀


    続いて、袈裟や打敷などの「仏教染織」。《九条袈裟 紅地花唐草模様黄緞》は、三種類の紅地の黄緞で仕立てた九条袈裟。黄緞は絹糸と綿糸を用いた交織のことで、本作では三種類とも、経糸に細い絹糸、緯糸は太い木綿糸が使われています。

    日本に残る黄緞の多くは中国から輸入されたものです。この袈裟も、舶載の織物をふんだんに用いた貴重な一領、本展で初公開となります。


    根津美術館「繡と織 ― 華麗なる日本染織の世界 ―」会場より 《九条袈裟 紅地花唐草模様黄緞》桃山時代 17世紀
    《九条袈裟 紅地花唐草模様黄緞》桃山時代 17世紀


    次は「能装束」です。初代嘉一郎は、小袖や袈裟とともに能装束も継続して蒐集しました。

    《唐織 紅地青海波に松帆浜辺模様》は、紅地に松帆と苫屋が表現された唐織です。唐織は、横糸に色糸を用い、さまざまな模様を縫取織であらわした織物のことで、刺繍のように立体感のある模様が特徴です。


    根津美術館「繡と織 ― 華麗なる日本染織の世界 ―」会場より 《唐織 紅地青海波に松帆浜辺模様》江戸時代 19世紀
    《唐織 紅地青海波に松帆浜辺模様》江戸時代 19世紀


    《舞衣 薄紫地葡萄栗鼠模様》は、葡萄棚に遊ぶ愛らしい栗鼠(リス)が目を引くデザイン。舞衣は、舞を舞う女役が用いる能特有の装束です。

    豊穣や繁栄を意味する葡萄と栗鼠の組み合わせはとても人気があり、インド更紗にも見られます。


    根津美術館「繡と織 ― 華麗なる日本染織の世界 ―」会場より 《舞衣 薄紫地葡萄栗鼠模様》江戸時代 19世紀
    《舞衣 薄紫地葡萄栗鼠模様》江戸時代 19世紀


    最後は「小袖」。現在の着物の原形である小袖。平安時代には大袖と呼ばれる装束の下着でしたが、動きやすさから武士の時代になると広まりました。 

    《紫絽地御簾に猫草花模様》は、糊防染(のりぼうせん)の技法で模様を白く残したうえに、刺繍で彩りを加えています。腰より上は『源氏物語』第13帖「明石」が、下には同作第 34帖「若菜上」を暗示させるデザインで、このように物語の一場面を暗示する形式は、近代になって「御所解模様」と呼ばれるようになりました。


    根津美術館「繡と織 ― 華麗なる日本染織の世界 ―」会場より 《紫絽地御簾に猫草花模様》江戸時代 19世紀
    《紫絽地御簾に猫草花模様》江戸時代 19世紀


    鳳凰と桐というほぼ同じ模様で、地の色が紅・白・黒と三領一式で伝わった小袖は、裕福町人の婚礼衣装と考えられます。

    白・赤・黒は武家の婚礼衣装で重んじられた色の組み合わせで、このスタイルは富裕な町人の間で模倣されるようになりました。


    根津美術館「繡と織 ― 華麗なる日本染織の世界 ―」会場より (左から)《振袖 黒綸子地桐鳳凰模様》 / 《振袖 白綸子地桐鳳凰模様》 / 《振袖 紅綸子地桐鳳凰模様》(3領とも)江戸~明治時代 19世紀
    (左から)《振袖 黒綸子地桐鳳凰模様》 / 《振袖 白綸子地桐鳳凰模様》 / 《振袖 紅綸子地桐鳳凰模様》(3領とも)江戸~明治時代 19世紀


    年末年始に相応しく、華やかかつ厳かな染織品の数々。ちょうど三井記念美術館でも能装束が展示されています(「国宝 雪松図と能面×能の意匠」、1/27まで)。あわせてお楽しみいただければと思います。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2023年12月15日 ]

    《上代裂 紫地唐花文錦》奈良時代 8世紀
    《小袖 染分縮緬地せせらぎあやめ模様》日本・江戸時代 18世紀
    会場
    根津美術館
    会期
    2023年12月16日(土)〜2024年1月28日(日)
    会期終了
    開館時間
    午前10時~午後5時
    休館日
    毎週月曜日、12月25日から1月4日まで、年末年始休館
    住所
    〒107-0062 東京都港区南青山6-5-1
    電話 03-3400-2536
    公式サイト https://www.nezu-muse.or.jp/
    料金
    オンライン日時指定予約
    一般1300円
    学生1000円
    *障害者手帳提示者および同伴者は200円引き、中学生以下は無料
    展覧会詳細 繡と織 ― 華麗なる日本染織の世界 ― 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)サントリー芸術財団 サントリー美術館 職員(運営担当)募集 [サントリー美術館]
    東京都
    読売新聞東京本社事業局 中途採用者募集! [読売新聞東京本社(大手町)]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    丸沼芸術の森 運営スタッフ募集中! [丸沼芸術の森]
    埼玉県
    【東京国立博物館】教育普及室 有期雇用職員募集中! [東京国立博物館]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    大阪中之島美術館 | 大阪府
    没後50年 福田平八郎展
    もうすぐ終了[あと12日]
    2024年3月9日(土)〜5月6日(月)
    2
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと53日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    3
    東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリー アーモ) | 東京都
    逆境回顧録 大カイジ展
    開催中[あと18日]
    2024年3月16日(土)〜5月12日(日)
    4
    佐川美術館 | 滋賀県
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催中[あと46日]
    2024年3月30日(土)〜6月9日(日)
    5
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと46日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)