IM
    レポート
    波涛を超えて ~伊八、海を渡る~
    鴨川市郷土資料館 | 千葉県
    波だけではない「波の伊八」
    厚さがとれない欄間で、水の流れを巧みに彫った江戸時代の彫物大工、伊八。一般には「波の伊八」として知られますが、高い技術は波だけではありません。
    「張良」横須賀市・真福寺蔵(部分)
    「黄石公」「張良」横須賀市・真福寺蔵(部分)
    「黄石公」「張良」横須賀市・真福寺蔵(裏面の「鯉」・部分)
    「力士(阿)」「力士(吽)」鴨川市・鏡忍寺蔵
    「波に犀(サイ)」個人蔵 ※展示は12/11まで
    「牡丹に獅子(阿)」「牡丹に獅子(吽)」南房総市・某神社
    「獅子」個人蔵
    「恵比寿・布袋・大黒」鴨川市・舎那院
    鴨川市郷土資料館外観
    「彫刻大工の中では“関東に行ったら波を彫るな”と言われていた」「北斎は伊八に触発されて神奈川沖浪裏を描いた」などの逸話が伝わる伊八ですが、「"伊八=波"だけで論じられるのはもったいない」という、本展を担当した石川丈夫学芸員。展覧会タイトル「波涛を超えて」は、「波だけではない伊八を見て欲しい」という願いが込められています。

    会場奥の力士像は、伊八20歳頃の作品。後年の作品と比べると表現の甘さが目立ちます。江戸から離れた鴨川で、伸び伸びと制作することが許された伊八。多くの仕事で自分の表現を模索しながら、着実に腕をあげていきました。


    会場入口から。奥は鴨川市・鑑忍寺の「力士(阿)」「力士(吽)」

    伊八の技量を示す大作が、横須賀・真福寺にあります。老人(黄石)が川に落とした靴を張良が拾おうとする、中国の故事をテーマにしました。

    左右に張り出した大樹、川の中の靴に手を伸ばす張良と、靴の中で跳ねる水、体重を杖に預ける老黄石、橋の間には得意の波と、動きがある場面を生き生きと表現しました。

    欄間の制約を感じさせないダイナミックな躍動感こそ、伊八の真骨頂。この欄間は裏側もあり、さらに厚みが取れない中で波間を泳ぐ鯉を彫り上げています。


    横須賀・真福寺の「黄石公」「張良」

    横須賀と杉並区の各1点を除くと、伊八はほぼ南房総のみで活動していたと思われていましたが、近年、従来の説を覆す発見が相次いでいます。

    昨年、熱海で伊八の作品を発見。次いで湯河原でも見つかり、その活動の範囲が一気に広がりました。

    地方で過ごした“知られざる凄腕”ではなく、相模灘を渡っていた伊八の世界。「波涛を超えて」に込められた、もうひとつの意図です。


    伊八のさまざまな作品。縦型の「竜」「鯉」が、湯河原で見つかったもの

    会場には純粋な立体彫刻も紹介されています。厚みが無い欄間で技を磨いた伊八。制約が無い立体像では、その技量はさらに冴えわたります。

    隙あらば飛びかかろうと左前脚を上げた獅子。伊八が仏壇彫刻を手掛けた個人宅にあったものです。骨格が浮かびあがった背中は迫力たっぷり。うねるような尾は、いかにも伊八らしい表現です。


    伊八が作った獅子で、完全な立体像として確認されているのは、この一点のみ

    鴨川市郷土資料館では、常設展示でも伊八の作品を紹介しています。

    伊八が21歳頃の作品と考えられている「恵比寿・布袋・大黒」は、実際に取り付けられていた高さで展示されています。三体ともやや下方を向いていますが、欄間を見上げることを計算して彫られていたことが分かります。


    鴨川市・舎那院の「恵比寿・布袋・大黒」

    制作年を詳細に調べると、極めて手際よく仕事を進めていた伊八。工房を組織して活動の幅を広げ、広いマーケットに挑みました。その姿は「納得がいくまでコツコツ掘り続ける芸術家」というよりは「施主の求めに迅速・高精度で応じ、信頼で仕事を広げた辣腕ディレクター」が近いのかもしれません。

    まだ分かっていないことも多い伊八の実像。今後の研究も待たれます。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2013年12月11日 ]

    小説 波の伊八

    林 太郎 (著)

    東銀座出版社
    ¥ 1,500

     
    会場
    会期
    2013年11月16日(土)~2014年2月16日(日)
    会期終了
    開館時間
    午前9時~午後5時
    休館日
    11/18・25 12/2・9・16・24・29・30・31 1/1・2・3・6・14・20・27 2/3・10・12
    住所
    千葉県鴨川市横渚1401-6
    電話 0470-93-3800
    公式サイト http://www.city.kamogawa.lg.jp/
    料金
    一般200円(140円) 小・中・高校生150円(100円)
    小学生未満・無料 鴨川市民・無料
    ※( )内は20人以上の団体
    展覧会詳細 波涛を超えて ~伊八、海を渡る~ 詳細情報

    干支 コレクション アワード

    展覧会ランキング
    1
    佐野美術館 | 静岡県
    原田治 展 「かわいい」の発見
    開催中[あと25日]
    2021年1月8日(金)〜2月14日(日)
    2
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    もうすぐ終了[あと4日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月24日(日)
    3
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催中[あと25日]
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    4
    茨城県近代美術館 | 茨城県
    ムーミン コミックス展
    開催中[あと53日]
    2021年1月16日(土)〜3月14日(日)
    5
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    アーノルド・ローベル
    開催中[あと67日]
    2021年1月9日(土)〜3月28日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)石川県埋蔵文化財センター 嘱託調査員募集中 [公益財団法人石川県埋蔵文化財センター]
    石川県
    兵庫県職員【学芸員 (近現代美術)、(近世・近代書) 】募集中! [兵庫県立美術館など]
    兵庫県
    令和3年度 兵庫県立美術館会計年度任用職員【県政推進員】採用選考 [兵庫県立美術館]
    兵庫県
    令和3年度 兵庫県立美術館会計年度任用職員【広報専門員】採用選考 [兵庫県立美術館]
    兵庫県
    兵庫県職員(学芸員【近世・近代書】) [兵庫県立美術館 等]
    兵庫県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード