IM
    レポート
    シャヴァンヌ展 水辺のアルカディア ─ ピュヴィス・ド・シャヴァンヌの神話世界
    Bunkamura ザ・ミュージアム | 東京都
    仏壁画の巨匠、日本で初紹介
    19世紀フランスを代表する壁画家、ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ(1824-1898)。フランス公共建築の壁画はドラクロワからシャセリオー、そしてこのシャヴァンヌへと引き継がれていきましたが、なぜか日本では本格的に紹介されたことはありませんでした。待望の大型展が、Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中です。
    (右)《諸芸術とミューズたちの集う聖なる森》
    (右)《アレゴリー》
    (左)《瞑想(習作)》
    (左から)《幻想》《警戒》
    展覧会には数々の素描も
    (左から)オーギュスト・ロダン《ピュヴィス・ド・シャヴァンヌの胸像》/《羊飼いの歌》
    (左)《夏》(習作)
    (左から)《慈愛》(習作)/《愛国》(習作)
    (右から)黒田精輝《昔語り下絵(構図II)》/黒田精輝《昔語り下絵(草刈り娘)》
    フレスコを思わせる艶消しの色調で、公共建築に相応しい落ち着いた壁画を数多く手がけたシャヴァンヌ。展覧会では、主に壁画を作家本人が再制作した縮小版が展示されており、オルセー美術館、リヨン美術館、パリ・プティ・パレ、メトロポリタン美術館など世界各国の美術館から作品が集結しました。

    展覧会のサブタイトルにあるアルカディアは、自然と人間が調和して生きる理想郷のこと。普仏戦争やパリ・コミューンで壊滅的な打撃を受けたパリを眼前にし、シャヴァンヌは平和な理想郷を壁画の中で追求しました。


    会場

    展覧会のメインビジュアルでも使われている作品が《諸芸術とミューズたちの集う聖なる森》。フランス第2の都市で、シャヴァンヌの生まれ故郷でもあるリヨンの美術館の壁画中央部として制作されたものです。

    舞台は水辺のアルカディア。美術館(ミュージアム)の壁画に相応しく、イオニア式のギリシア建築の前に9人のミューズ(文芸を司る女神)が集っています。


    《諸芸術とミューズたちの集う聖なる森》

    シャヴァンヌは1891年には国民美術協会の会長に就任し、名実ともに画壇のトップに上り詰めました。

    多忙な中でも公共事業の壁画を次々に手掛け、ルーアン美術館、パリ市庁舎、パンテオンとフランス国内のみならず、遠くはアメリカのボストン公共図書館の壁画も制作。その名声は国外にまで広がっていきました。


    会場

    国際的に高い知名度があったシャヴァンヌは、日本の洋画界にも大きな影響を与えた存在でした。

    日本近代洋画の父である黒田清輝は、その師であるラファエル・コランの紹介状を持ってシャヴァンヌを訪問。自作「朝妝」に対しての助言を求めています。ちなみに、裸婦画である「朝妝」は日本で発表された際、風紀上の理由から物議を醸したことはよく知られています(現在は焼失)。

    藤島武二もシャヴァンヌ作品を熱心に模写。初期の代表作《天平の面影》(重要文化財)には、その影響を強く感じさせます。


    黒田清輝の下絵なども

    象徴主義の画家だけでなくスーラ、ピカソ、マティスなど名だたる画家にも影響を与えた、高貴で静謐なシャヴァンヌの世界。時間をとってお楽しみください。

    なお本展は3月20日(木)~6月16日(月)、島根県立美術館に巡回します。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年1月8日 ]

    Pierre Puvis de Chavannes

    Aime Brown Price (著)

    Yale University Press
    ¥ 20,239

    料金一般当日:1,400円
     → チケットのお求めはお出かけ前にicon

     
    会場
    会期
    2014年1月2日(木)~3月9日(日)
    開館時間
    10:00~18:00(毎週金・土曜日は21:00迄) ※入館は各閉館の30分前まで
    休館日
    会期中無休
    住所
    東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
    電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://www.bunkamura.co.jp
    料金
    一般 1,400(1,200)円/大学・高校生 1,000(800)円/中学・小学生 700(500)円
    ※()内は20名以上の団体料金および前売料金
    ※学生券をお求めの場合は、学生証のご提示をお願いいたします(小学生は除く)
    ※障害者手帳のご提示で割引料金あり。詳細は窓口でお尋ねください
    展覧会詳細 シャヴァンヌ展 水辺のアルカディア ─ ピュヴィス・ド・シャヴァンヌの神話世界 詳細情報
    展覧会ランキング
    熊本城ホール | 熊本県
    特別展 ミイラ「永遠の命」を求めて
    開催中[あと30日]
    2020年5月21日(木)〜9月5日(土)
    大阪市立美術館 | 大阪府
    フランス絵画の精華
    もうすぐ終了[あと10日]
    2020年5月26日(火)〜8月16日(日)
    国立西洋美術館 | 東京都
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
    開催中[あと73日]
    2020年6月18日(木)〜10月18日(日)
    東京藝術大学大学美術館 | 東京都
    あるがままのアート ー 人知れず表現し続ける者たち
    開催中[あと31日]
    2020年7月23日(木)〜9月6日(日)
    静岡県立美術館 | 静岡県
    みんなのミュシャ
    開催中[あと31日]
    2020年7月11日(土)〜9月6日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    細見美術館 | 京都府
    春画展(前期)
    IM レポート
    IM レポート
    IM レポート
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「きもの KIMONO」 
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    学芸員募集
    令和3年度採用恵庭市職員 事務職(学芸員)の募集 [恵庭市役所]
    北海道
    秩父宮記念スポーツ博物館・事務補助者(学芸補助) [秩父宮記念スポーツ博物館]
    東京都
    高知市一般任期付職員(埋蔵文化財発掘調査員)募集 [高知市埋蔵文化財作業所他]
    高知県
    【すみだ北斎美術館】ミュージアムショップスタッフ募集 [すみだ北斎美術館 東京都墨田区亀沢2-7-2]
    東京都
    令和3年度採用犬山市職員 学芸員(考古学専攻)の募集 [犬山市役所]
    愛知県