IM
    レポート
    東京の交通100年博~都電・バス・地下鉄の“いま・むかし”~
    東京都江戸東京博物館 | 東京都
    東京市電から都営地下鉄まで
    東京都交通局の前身である東京市電気局の開業は明治44年(1911年)、今年でちょうど100周年となります。都営交通100周年記念特別展「東京の交通100年博~都電・バス・地下鉄の“いま・むかし”~」が江戸東京博物館にて開催中です。
    昭和30~40年代に使われていた系統板。都電の車体前面には運転系統が分かるよう表示板が設置されており、昭和30年(1955年)からは広告入りのカラフルなものになりました。
    展示風景。旧東京市電「ヨヘロ1形」の模型と、実物大モックアップ。
    そのヨヘロは現在でも函館市企業局の除雪車両(ササラ電車)として活躍中。リユースの極みです。
    都電6000形の実物車両。中に入って見ることもできます。
    「銀座四丁目を走る都電」 昭和42年頃撮影 東京都交通局所蔵
    花電車を記念した絵はがき。国や街をあげてのお祭り・お祝い事に欠かせなかったのが花電車でした。
    「都営地下鉄三田線開業ポスター」 昭和51年(1976) 東京都交通局所蔵
    リーフレットも秀逸です。都電を家系図で紹介したり、いろはかるたで案内したり。
    関連企画の「myつり革展」の入選作品の展示。東京藝術大学と東京都交通局の産学連携プロジェクト。
    日本の鉄道開業は、ご存知のとおり新橋~横浜間で、明治5年(1872年)のこと。東京の市内交通の近代化は、当初は民間会社が主導して進められましたが、日露戦争による経営悪化で運賃が値上げされたことなどから、公営交通による電車運営を望む声が高まります。時代の要請を受けるかたちで、路面電車事業と電気供給事業を民間より買い受け、明治44年に東京市電気局が開業しました。

    展示会場。旧東京市営バス(円太郎バス)の実車も展示されました。

    その後、東京市電は順調に路線網を拡大し、満員電車が東京の代名詞となるほどになりました。その頃に活躍していた車両が、旧東京市電「ヨヘロ1形」です。会場ではヨヘロ1形の実物大モックアップが展示されており、乗車して当時の雰囲気を確かめることができます。

    驚くべきことに、このヨヘロ1形は現在も函館市企業局で除雪車両(ササラ電車)として活躍しています。昭和9年(1934年)に函館に譲渡され、今回の展示のために、実に76年ぶりに東京に里帰りしました。

    展示会場。数々の実物展示。

    昭和20年(1945年)の空襲で、東京は焼け野原に。市電やバスも多くの損失を受けましたが、戦後、東京の街とともに復興していき、昭和30年(1955年)には、全長213kmの路線を誇る都電黄金期を迎えることとなりました。会場には当事の広告入りの系統板などの鉄道実物資料が展示され、チンチン電車が東京を走りまわっていた時代を振り返ります。その時代の代表的な車両が、都電6000形。前述のササラ電車(旧ヨヘロ1形)とともに、屋外スペースで展示されています。

    都バスのマスコットキャラクター「みんくる」も来てました。構造上、派手な動きは苦手?

    高度経済成長期を迎えて都電もその影響を受けるようになり、都電荒川線にあたる区間を残して、全ての都電は昭和47年(1972年)までに撤退しました。その後、初の都営地下鉄として、昭和35年(1960年)に浅草橋-押上間の営業を開始(現:都営浅草線)。この路線は京成電鉄と京浜急行電鉄との相互乗り入れがなされ、日本初の郊外鉄道と相互乗り入れした地下鉄となりました。続いて都営三田線、都営新宿線、都営大江戸線と交通ネットワークが拡充されてきました。私の記憶にあるのは、このあたりの展示。都営新宿線の開業PRポスター、各種の記念切符などが展示されています。

    100年に及ぶ歴史を振り返る展示なので、幅広い世代の方が楽しめる企画です。筋金入りの鉄道マニアから、夏休みの自由研究まで。鉄道ファンはお見逃しの無いように。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2011年7月13日 ]
     
    会場
    会期
    2011年7月14日(木)~9月10日(土)
    会期終了
    開館時間
    9:30~17:30
    ※入館は閉館の30分前まで。
    休館日
    毎週月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合はその翌日)、年末年始(年始臨時開館あり)
    住所
    東京都墨田区横網1-4-1
    電話 03-3626-9974(代表)
    公式サイト http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/100th/
    展覧会詳細 東京の交通100年博~都電・バス・地下鉄の“いま・むかし”~ 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    開催中[あと77日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月17日(日)
    2
    六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー | 東京都
    FREESTYLE 2020 大野智 作品展
    もうすぐ終了[あと7日]
    2020年9月9日(水)〜11月8日(日)
    3
    京都国立博物館 | 京都府
    御即位記念 特別展「皇室の名宝」
    開催中[あと22日]
    2020年10月10日(土)〜11月23日(月)
    4
    板橋区立美術館 | 東京都
    だれも知らないレオ・レオーニ展
    開催中[あと71日]
    2020年10月24日(土)〜2021年1月11日(月)
    5
    東京国立近代美術館 | 東京都
    あやしい絵展
    開催まであと142日
    2021年3月23日(火)〜5月16日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    公益財団法人 清春白樺美術館財団 職員採用 [清春芸術村]
    山梨県
    令和2年度八戸市職員採用試験:11月(社会人対象)学芸員(考古) [八戸市]
    青森県
    一宮市会計年度任用職員 募集案内(三岸節子記念美術館 美術専攻学芸員) [一宮市三岸節子記念美術館]
    愛知県
    佐世保市フルタイム会計年度任用職員(文化財担当学芸員)募集 [佐世保市教育委員会文化財課]
    長崎県
    童謡・唱歌専門員募集(正規) [わらべ館]
    鳥取県

    ミュージアム キャラクター アワード