IM
    レポート
    所蔵企画展 又兵衛 山中常盤物語絵巻
    MOA美術館 | 静岡県
    全12巻を一挙に展示
    賊に殺された母の仇を討つ、牛若丸の激闘。岩佐又兵衛の絵巻では最高傑作といわれる重要文化財《山中常盤物語絵巻》、全12巻が3年ぶりに揃って公開中です。
    重要文化財 岩佐又兵衛《山中常盤物語絵巻》 / 賊の一人を討った牛若丸。激戦は続きます(第9巻)
    重要文化財 岩佐又兵衛《山中常盤物語絵巻》 / 第1巻の冒頭。ここから全部あわせると、約150mになります
    重要文化財 岩佐又兵衛《山中常盤物語絵巻》 / 後ろを振り返りつつ進む、常盤主従。町の描写も見どころです(第3巻)
    重要文化財 岩佐又兵衛《山中常盤物語絵巻》 / 門を破って常盤の宿所に押し寄せる六人の盗賊(第4巻)
    重要文化財 岩佐又兵衛《山中常盤物語絵巻》 / 常盤と侍従の小袖を奪う賊(第4巻)
    重要文化財 岩佐又兵衛《山中常盤物語絵巻》 / 常盤の髪を手に巻いて刀を突き刺す(第4巻)
    重要文化財 岩佐又兵衛《山中常盤物語絵巻》 / 刺された常盤と侍従は、肌の色の表現も異なります(第4巻)
    重要文化財 岩佐又兵衛《山中常盤物語絵巻》 / 三年三月後、平家打倒のために十万の軍勢で都に上る牛若丸(第11巻)
    重要文化財 岩佐又兵衛《山中常盤物語絵巻》 / 仇討を助けてくれた宿の主人と女房に褒美の土地を与え、恩に報いました(第12巻)

    江戸時代初期に活躍した岩佐又兵衛(1578~1650)。いわゆる「奇想の画家」の一人で、独特の画風はのちの絵画にも大きな影響を与えました。


    「山中常盤物語」は、奥州へ下った牛若丸を訪ねて都を旅立った母の常盤御前が、山中の宿で盗賊に殺され、牛若丸が仇を討つストーリー。又兵衛の絵巻は、全巻あわせると150mを超える長大な作品です。


    第1室と第4室で、それぞれ6巻づつ展示されています


    絵巻の最大の特徴といえるのが、凄惨な場面の描写です。


    牛若丸を思って東国を目指した二人ですが、六人の賊に小袖を奪われてしまいます。常盤の黒髪を手に巻きつけ刀を突き刺す非道ぶりは、目を覆いたくなるほどです。


    物語とはいえ、あまりに酷い常盤主従の最期


    夢に母が出て不審に思った牛若丸。都に向かう途中で新しい墓を見つけますが、なんとそれが常盤の墓。殺されたのは前日だったのです。


    仇討に燃える牛若丸は賊をおびき出し、一気に攻勢へ。血みどろの描写は、又兵衛自身の境遇(又兵衛は、信長に一族を殺された荒木村重の子です)との関連性を指摘する人もいます。


    賊を倒す牛若丸


    厳しい場面ばかりをご紹介しましたが、実は風俗描写も見どころのひとつ。多くの人々の仕草や表情もお楽しみください。


    また、金銀を用いて細かい部分まで描きこまれた衣裳にも注目。お持ちでしたら単眼鏡(ミュージアムスコープ)もお忘れなく。


    保存状態の良さも特筆されます


    最後に少し長くなりますが、会場に展示された全12巻を通してご紹介いたします。あまりにも長大なため全場面が展示されているわけではありませんが、これでも迫力十分。他場面の展示は、次の機会を待ちたいと思います。


    右から左にストーリーが進んでいきます


    ちょうど散策に良い季節。わずか1カ月の会期ですが、自然豊かなMOA美術館で傑作を堪能してください。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年5月15日 ]



    会場
    会期
    2015年5月15日(金)~6月17日(水)
    会期終了
    開館時間
    9:30~16:30(入館16:00迄)
    休館日
    毎週木曜日
    住所
    静岡県熱海市桃山町26-2
    電話 0557-84-2511
    公式サイト http://www.moaart.or.jp/
    料金
    一般 1,600円/高校生・大学生 800円/シニア(満65歳以上)1,200円/中学生以下 無料
    ※ シニアは満65歳以上とさせていただきます。(割引料金です。)
    ※ 高・大生及び満65歳以上の方は、入館の際に年齢の分かるもの(生徒手帳、保険証、運免許証など)をご提示ください。
    ※ 障害者の方は、入館の際に障害者手帳などをご提示ください。
    展覧会詳細 所蔵企画展 又兵衛 山中常盤物語絵巻 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催まであと24日
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと187日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと23日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと82日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと152日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年4月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年2月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    目黒区めぐろ歴史資料館 研究員募集中! [目黒区めぐろ歴史資料館]
    東京都
    【横浜】シルク博物館学芸員補助(アルバイト)募集 [シルク博物館]
    神奈川県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2021年12月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード