IM
    レポート
    没後30年 鴨居玲展 踊り候え
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    野球好きの素顔と、深すぎる闇
    深く、暗く、重い画面に、自らをなぞらえた人物。息苦しくなるほど陰鬱な作品を描いた鴨居玲(1928-1985)は、放浪を重ね、絶望感にとらわれた末に、57歳で自ら命を絶ちました。没後30年の記念展が、東京ステーションギャラリーで開催中です。
    (左から)《1982年 私》石川県立美術館 / 《海の人》富山県立近代美術館 / 《月に叫ぶ》
    (左から)《赤い老人》石川県立美術館 / 《蠢く》
    (左から)《蛾と老人》石川県立美術館 / 《静止した刻》東京国立近代美術館
    (左から)《ナザレのおばあさん》 / 《風》金沢市
    (左から)《ドンコサックの踊り》 / 《鳥》芦屋市立美術博物館 / 《私の村の酔っぱらい(A)》笠間日動美術館 / 《廃兵》笠間日動美術館
    (左から)《月に叫ぶ》 / 《石の花》
    (左から)《1983年2月3日 私》笠間日動美術館 / 《ミスターXの来た日 1982.2.17》
    (壁面左上)《自画像(絶筆)》 / 「遺品一式」石川県立美術館
    (左から)《おじいさん》 / 《道化師》
    鴨居玲は1928年2月3日、金沢生まれ。出生については諸説がありますが、近年の研究でこの日が確実視されています。金沢美術工芸専門学校(現金沢美術工芸大学)で、宮本三郎に師事しました。

    この時代の画家には共通しますが、鴨居も30代まではシュルレアリスムや抽象表現主義など、模索の時代が続きます。1965年に、37歳でブラジルへ。ここでメキシコ人画家ラファエル・コロネルの作品と出会った事で、自分のスタイルをつかみ始めます。

    パリやローマにも滞在した後に帰国し、1969年に《静止した刻》で安井賞を受賞。この時、すでに41歳でした。


    第1章「初期から安井賞受賞まで」

    1971年にはスペインに渡った鴨居。現地の陽気な人々と親しく交わり、充実の日々を過ごしました。酔っ払いや老人、傷痍軍人など、社会の底辺にいる人々をモチーフにした作品は、後に鴨居の代表作となりました。

    ただ、これらの作品も、鴨居は画中の人物と同じポーズを取って、鏡に映しながら制作するという独特のスタイルを取ったため、その作品はいずれも自画像ともいわれます。

    普通の画家ならこの地でキャリアを重ねるところですが、鴨居は根っからのボヘミアンでした。当地に長く留まる事はなく、スペイン国内を転々。後にパリに移り住みます。各地で個展も開催し、その画業は順調のように思われましたが、なぜか鴨居の心は満たされず、1977年に帰国する事となります。


    第2章「スペイン・パリ時代」

    帰国後は神戸で制作を進めますが、スペインで出会ったような鴨居の創作意欲を刺激するモデルは、日本では見つかりませんでした。新たに裸婦像にも取り組みますが、途中で断念。もがき苦しむ鴨居が1982年の個展で発表したのが、《1982年 私》です。

    中央には、真っ白いカンヴァスを前に、憔悴した鴨居。その廻りを、それまでに描いたモチーフが取り囲み、この先の画業に戸惑う鴨居の心情をそのまま投影したものです。

    この作品の後、鴨居は自画像しか描かなくなります。睡眠薬とウイスキーをあおり、自殺未遂を重ねた末、1985年に自死。アトリエに遺された絶筆も、死神に取りつかれたような自画像でした。


    第3章「帰国後の神戸時代」

    会場最後にはデッサンが並びます。「手にデッサンのタコが出来ていないのは画家ではない」と語っていた鴨居。師である宮本三郎の教えを守り、日々のデッサンを怠りませんでした。

    鴨居は油彩に取り組む際、抽象画のような下地を描いた後に、短時間で一気に描写していました。これも、事前のデッサンでイメージを確定させていたからこその技でした。

    一方で、鴨居はデッサン「が」好まれる画家でもありました。あまりにも濃密な油彩画ではなく、いくぶん軽やかな表現のデッサンを好んで求める個人コレクターもいたのです。


    第4章「デッサン」

    作品の印象とその生涯から、鴨居自身はストイックな人物のように思われますが、実は大の野球好きという意外な一面もあります。学生時代からプレーを続けて明るい表情でバットを構える写真が残っており、「帰国したのは草野球がしたくなったから」という説まであります(ただ、このエピソードは鴨居のファンには不評です)。

    「快活な野球好き」が描き続けた、闇のような絵。没後の記念展は5年ごとに開催されていますが、意外にも東京では25年ぶりの開催です。本展の後は北海道(北海道立函館美術館:7/26~9/6)、石川(石川県立美術館:9/12~10/25)、大阪(伊丹市立美術館:10/31~12/23)に巡回します。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年6月9日 ]

    鴨居玲 死を見つめる男鴨居玲 死を見つめる男

    長谷川 智恵子 (著)

    講談社
    ¥ 1,728


    ■鴨居玲展 踊り候え に関するツイート


     
    会場
    会期
    2015年5月30日(土)~7月20日(月)
    開館時間
    10:00~18:00
    ※金曜日は20:00まで
    ※入館は閉館の30分前まで
    休館日
    月曜日休館 ただし7月20日は開館
    住所
    東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前
    電話 03-3212-2485
    公式サイト http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
    料金
    一般 900円/高校・大学生 700円/中学生以下無料
    ※20名以上の団体は100円引き
    ※障害者手帳等持参の方は100円引き、その介助者1名は無料
    展覧会詳細 没後30年 鴨居玲展 踊り候え 詳細情報
    展覧会ランキング
    国立西洋美術館 | 東京都
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
    開催中[あと98日]
    2020年6月18日(木)〜10月18日(日)
    熊本城ホール | 熊本県
    特別展 ミイラ「永遠の命」を求めて
    開催中[あと55日]
    2020年5月21日(木)〜9月5日(土)
    国立新美術館 | 東京都
    古典×現代2020―時空を超える日本のアート
    開催中[あと43日]
    2020年6月24日(水)〜8月24日(月)
    静岡県立美術館 | 静岡県
    みんなのミュシャ
    開催中[あと56日]
    2020年7月11日(土)〜9月6日(日)
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「きもの KIMONO」 
    開催中[あと42日]
    2020年6月30日(火)〜8月23日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    細見美術館 | 京都府
    春画展(前期)
    IM レポート
    IM レポート
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    読者 レポート
    大分県立美術館 | 大分県
    坂茂建築展
    学芸員募集
    石川県教育委員会事務局職員(埋蔵文化財専門調査員)募集(R3.4採用) [文化財課、金沢城調査研究所、石川県埋蔵文化財センターなど]
    石川県
    令和2年度吉野ヶ里町職員(文化財保護主事)採用統一試験のお知らせ [吉野ヶ里町役場]
    佐賀県
    短時間勤務特別雇用職員(文芸企画員1名)募集 [三鷹市山本有三記念館]
    東京都
    熊谷市一般職の任期付職員(遺跡発掘調査員)の募集 [熊谷市江南文化財センター、池上遺跡(熊谷市池上地内)等]
    埼玉県
    美術館内諸業務 マネージャー候補 [清春芸術村]
    山梨県