IM
    レポート
    モノクロームの冒険
    根津美術館 | 東京都
    新型コロナの影響で約7カ月休館していた根津美術館が、いよいよ再出発
    水墨画と白描画に分けて、墨による表現の魅力を館蔵の優品で紹介
    水墨画風の味わいが楽しめる、銹絵(さびえ)の器も参考出品

    新型コロナの影響で約7カ月休館していた根津美術館が、いよいよ再出発となりました。

    前回の展覧会は「虎屋のおひなさま」展が、開幕1週間で休館に。続く「国宝 燕子花図屏風」「茶入と茶碗」「花を愛で、月を望む」と3つの展覧会が丸々中止になっていました。

    休館開けの企画展は、墨による表現がテーマ。水墨画と白描画に分けて、その表現の魅力を館蔵の優品で紹介していきます。



    会場風景


    まず、水墨画から。8世紀の中国で始まった水墨画。まず山水画の手法として発達し、後に花鳥画や人物画も描かれるようになりました。

    まるで劇画のような顔立ちが印象的な鷲と鷹は、曾我宗庵による「鷲鷹図屏風」。曾我宗庵の詳細は分かっていませんが、その名から、鷹図を得意とした曾我派の画家と考えられます。奇想の系譜に連なる曽我蕭白の画風を先取りしているようにも感じられます。

    室町時代に分割された、牧谿による水墨画の逸品「瀟湘八景図巻」。8代将軍・吉宗はそれらを一堂に集め、狩野古信に模写させました。展示されている「牧谿瀟湘八景図巻摸本」は、そのさらに摸本と思われますが、巻物であった頃の様子がうかがえます。


    曾我宗庵筆《鷲鷹図屏風》江戸時代 17~18世紀
    曾我宗庵筆《鷲鷹図屏風》江戸時代 17~18世紀

    《牧谿瀟湘八景図巻摸本》江戸時代 18世紀
    《牧谿瀟湘八景図巻摸本》江戸時代 18世紀


    続いて、白描画。白い線で描くわけではなく、白い紙に墨の線が映える絵画を白描画と呼び、着色画に対する言い方です。水墨画より歴史は古く、日本にも奈良時代には作例が見られます。

    「伊勢物語・源氏物語図屏風」は、1隻に『伊勢物語』の木活字本・嵯峨本にもとづく49場面を、1隻に『源氏物語』54帖から各1場面ずつ(「葵」巻のみ場面)が描かれています。唇にわずかな朱も見られます。

    冷泉為恭による「納涼図」は、涼をとる三人は親子でしょうか。白描画は均質な墨線が特徴ですが、冷泉為恭は流麗な動きも与える事で、瑞々しい印象を与えます。


    《伊勢物語・源氏物語図屏風》江戸時代 17世紀
    《伊勢物語・源氏物語図屏風》江戸時代 17世紀

    冷泉為恭筆《納涼図》江戸時代 19世紀
    冷泉為恭筆《納涼図》江戸時代 19世紀


    参考出品として、銹絵(さびえ)の器も。鉄分を多く含む顔料で絵付けをするため、焼成すると茶色から黒褐色になり、水墨画風の味わいが得られます。

    「銹絵山水図角皿」は、尾形乾山が鳴滝に開いた窯でつくった初期の角皿。銹絵で水墨の濃淡を巧みに表現し、乾山による賛詩もあいまって、雅な世界が表現されています。


    (左手前から)尾形乾山作《銹絵独釣図角皿》江戸時代 18世紀 / 尾形乾山作《銹絵山水図角皿》江戸時代 18世紀 / 尾形乾山作《銹絵蘭図角皿》江戸時代 18世紀
    (左手前から)尾形乾山作《銹絵独釣図角皿》江戸時代 18世紀 / 尾形乾山作《銹絵山水図角皿》江戸時代 18世紀 / 尾形乾山作《銹絵蘭図角皿》江戸時代 18世紀


    なお、根津美術館では今回の展覧会からオンラインによる日時指定予約制が導入されました。

    来館前日までに日時指定入館券を購入(クレジットカード決済のみ)。根津倶楽部会員や招待はがきなどで入館無料の方も、予約が必要です。

    予約受付は来館希望日の前日までで、当日の予約はできないのでご注意ください。


    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年9月18日 ]

    会場
    根津美術館
    会期
    2020年9月19日(土)~11月3日(火・祝)
    もうすぐ終了[あと6日]
    開館時間
    10:00~17:00(入館は16:30まで)
    休館日
    毎週月曜日(ただし9月21日(月・祝)は開館)、9月23日
    住所
    〒107-0062 東京都港区南青山6-5-1
    電話 03-3400-2536
    公式サイト http://www.nezu-muse.or.jp/
    料金
    一般 1,100(900)円 / 学生 800(600)円
    ※()内は障がい者手帳提示者及び同伴者1名の料金
    ※中学生以下無料
    展覧会詳細 モノクロームの冒険 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    開催中[あと81日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月17日(日)
    2
    京都国立博物館 | 京都府
    御即位記念 特別展「皇室の名宝」
    開催中[あと26日]
    2020年10月10日(土)〜11月23日(月)
    3
    東京国立近代美術館 | 東京都
    あやしい絵展
    開催まであと146日
    2021年3月23日(火)〜5月16日(日)
    4
    六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー | 東京都
    FREESTYLE 2020 大野智 作品展
    もうすぐ終了[あと11日]
    2020年9月9日(水)〜11月8日(日)
    5
    横須賀美術館 | 神奈川県
    上田薫
    もうすぐ終了[あと6日]
    2020年9月12日(土)〜11月3日(火)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    公益財団法人静嘉堂 静嘉堂文庫美術館 広報担当職員の募集 [静嘉堂文庫美術館]
    東京都
    童謡・唱歌専門員募集(正規) [わらべ館]
    鳥取県
    独立行政法人国立美術館 国立新美術館 特定研究員(特定有期雇用職員)公募 [国立新美術館]
    東京都
    国立民族学博物館事務補佐員(非常勤)を募集 [国立民族学博物館]
    大阪府
    【山梨県立科学館】 企画・解説スタッフ募集のご案内 [山梨県立科学館]
    山梨県

    ミュージアム キャラクター アワード