[2019年08月02日]

円山・四条派の系譜をたどる大規模展 ── 東京藝術大学大学美術館で「円山応挙から近代京都画壇へ」

東京藝術大学大学美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」

2019年8月2日(金)、東京・台東区の東京藝術大学大学美術館で「円山応挙から近代京都画壇へ」のプレス向け内覧会が開催された。

江戸時代の画家、円山応挙(1733-1795)と呉春(1752-1811)を源泉とし、京都画壇を牽引した「円山・四条派」に焦点を当てた企画展。

江戸時代の京都には、伝統的な流派である京狩野や土佐派、池大雅や与謝蕪村などの文人画、岸派、原派、森派、さらに「奇想の画家」として近年人気を博している伊藤若冲や曽我蕭白など、さまざまな画家が活躍したが、京都画壇の主流として明治以降まで残ったのは円山・四条派だった。

展覧会では約100点の名品で、円山・四条派の画家たちの系譜を一挙に紹介。

円山応挙晩年の最高傑作「松に孔雀図」をはじめとした大乗寺襖絵を立体的に展示。応挙、呉春、山本守礼、亀岡規礼の襖絵32面を、大乗寺客殿の雰囲気さながらに紹介する。

また、新発見の作品「魚介尽くし」も通期で展示される。

「円山応挙から近代京都画壇へ」は東京藝術大学大学美術館で、2019年8月3日(土)~9月29日(日)に開催。観覧料は一般 1,300円、高校・大学生 800円。前売りはそれぞれ1,300円、800円で2019年8月2日(金)23:59まで発売。9月1日(日)までのの前期と、9月3日(火)からの後期で大幅な展示替えが行われる。

「円山応挙から近代京都画壇へ」のチケットはこちらiconicon