【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]

 

[2020年02月17日]

開館10周年記念 ー 三菱一号館美術館で「画家が見たこども」展

三菱一号館美術館「「画家が見たこども」展示風景

三菱一号館美術館「「画家が見たこども」展示風景

2020年2月14日(金)、東京・千代田区の三菱一号館美術館で「画家が見たこども」のプレス向け内覧会が開催された。

開館10周年の記念となる本展では、19世紀末パリの前衛芸術家グループ「ナビ派」の画家たちの作品を展示する。

ナビ派は、印象派に続く、1888年から1900年頃のパリで起こった芸術運動の一つ。力強い色彩や単純化された素朴な表現を特徴としている。

「子ども」に焦点を当てた今回の展示では、都市の生活や家族を題材にした作品が並ぶ。また、楽譜や物語の挿絵、カメラを通して通して、子どもたちの活動を映し出している。

展覧会は、所蔵品のほか、ボナール美術館の全面協力のもと約100点が展示される。

「画家が見たこども展」は三菱一号館美術館で、2020年2月15日(土)~6月7日(日)に開催。観覧料は一般 1,700円、大学・高校生 1,000円、小・中学生無料。

フィンセント・ファン・ゴッホ《マルセル・ルーランの肖像》1888年 油彩/カンヴァス ファン・ゴッホ美術館蔵 Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)
フィンセント・ファン・ゴッホ《マルセル・ルーランの肖像》1888年 油彩/カンヴァス ファン・ゴッホ美術館蔵 Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)


モーリス・ドニ《サクランボを持つノエルの肖像》1899年 油彩/厚紙 個人蔵 Catalogue raisonné Maurice Denis, photo Olivier Goulet
モーリス・ドニ《サクランボを持つノエルの肖像》1899年 油彩/厚紙 個人蔵 Catalogue raisonné Maurice Denis, photo Olivier Goulet