《洗礼者聖ヨハネ》

この作品の応援メッセージを見る

《洗礼者聖ヨハネ》ペレーアの画家 1500年頃

長崎県美術館

トラルバの画家による同主題作品とポーズや持物において同様の特徴を備えた洗礼者聖ヨハネ像である。1500年頃にバレンシアで制作された。
トラルバの画家の作品に比べ、本作のヨハネは三次元的な存在感を獲得してよりモニュメンタルに表されている。また顔の表情や血管が浮き上がる手足の表現には、フランドル美術に由来する透徹したリアリズムが認められよう。地面にまばらに生えた草のような、自然の一部を抽出しはめ込んでいくディテールへの関心もまた、フランドル美術に由来する表現法で、本作の作者が15世紀後半にスペイン各地に広まったいわゆるイスパノ・フラメンコ様式の流れをしっかりと汲んでいることを明らかにしている。一方で、背景の豪華な金地装飾はバレンシア派の伝統に沿ったもので、これら二つの要素が本作において見事に結合している。
本作の作者は、バレンシアのサント・ドミンゴ修道院のために、アラゴン国王フェルナンド2世の廷臣ペドロ・デ・ペレーアが注文した祭壇衝立(1491年以降の作)の作者と同一であり、故に「ペレーアの画家」と呼びならわされる。金地装飾のパターンやアーモンド形の目が、この画家の手に特徴的な細部である。長崎の作品はバレンシアのロープ製造業者組合の礼拝堂を飾っていたことが知られており、聖人のマントから腰縄が覗いているのはそのためであろう。
日本国内に所蔵される金地背景のゴシック板絵としては質、規模とも他に類例を見ない貴重な作例である。

この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
(公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
東京都
荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
東京都
【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
東京都
丹青研究所 アルバイト募集(長期/短期 設計室) [株式会社 丹青研究所]
東京都
丹青研究所 アルバイト募集(企画コンテンツ室) [株式会社 丹青研究所]
東京都
展覧会ランキング
1
皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
第4期「三の丸尚蔵館の名品」
開催中[あと27日]
2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
2
国立西洋美術館 | 東京都
モネ 睡蓮のとき
開催まであと131日
2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
3
東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
開催中[あと20日]
2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
4
森アーツセンターギャラリー | 東京都
MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
もうすぐ終了[あと6日]
2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
5
東京都美術館 | 東京都
デ・キリコ展
開催中[あと94日]
2024年4月27日(土)〜8月29日(木)