《犬抱き》

この作品の応援メッセージを見る

犬抱き

鹿児島市立ふるさと考古歴史館

土人形の地域ブランドの一つである弓野人形です。明治十五年(1882)、佐賀県武雄市西川登町弓野で製作され始めました。
顔の部分を胡粉で何度も塗り重ねてツヤを出す磨き出しの技法や鮮やかな彩色が特徴になります。
鹿児島には帖佐人形や宮之城人形など県内7ヶ所で生産されていた土人形が存在し、これらをひな節句の際、初節句を迎える子どもへ贈る習慣がありました。
しかし、昭和30年代には全ての産地で土人形製作が廃絶してしまい(現在は復興しているものもあります)、それ以後、大幅に流通したのが弓野人形でした。
作品の正確な製作年代は不明ですが、当館に寄贈いただいた方が子どもの頃から大事に保管されていたもので、少なくとも弓野人形の流通が急増する昭和30年代より前のものになります。

担当者からのコメント:艶やかな着物を羽織り、穏やかな表情を浮かべる娘さん。
皆がその佇まいに惹かれる中、娘さんの手に抱かれ“してやったり”の表情を浮かべる犬の顔に私は思わず笑ってしまいました。

この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
大阪府
【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
愛知県
【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
千葉県
しょうけい館(戦傷病者史料館) 学芸スタッフの募集 [しょうけい館(戦傷病者史料館)]
東京都
国立美術館本部事務局情報企画室 情報研究補佐員(情報システム管理担当)公募 [国立美術館本部 (東京都千代田区北の丸公園3-1)]
東京都
展覧会ランキング
1
国立西洋美術館 | 東京都
モネ 睡蓮のとき
開催まであと83日
2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
2
SOMPO美術館 | 東京都
ロートレック展 時をつかむ線
開催中[あと71日]
2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
3
国立新美術館 | 東京都
CLAMP展
開催中[あと71日]
2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
4
東京国立博物館 | 東京都
カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
もうすぐ終了[あと14日]
2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
5
お札と切手の博物館 | 東京都
お札を創る工芸官の伝統技
もうすぐ終了[あと1日]
2024年6月11日(火)〜7月15日(月)