館蔵品展 目力展 見る/見られるの関係性

    板橋区立美術館 | 東京都

    「目は口ほどに物を言う」と言うことわざがあるように、目は多弁なものです。画家たちは自画像や肖像画に加え、自らの内面を暴くように目を象徴的なアイコンとして描いています。見る/見られるの関係性は画家と描かれる人物との間に緊張したものとして存在し、作品を見るわたしたちも、描かれた目により見られていることになります。本展では板橋区立美術館の近代美術のコレクションの中から、印象的な目のある作品をご紹介いたします。 ※緊急事態宣言により会期を変更しました
    会期
    2021年8月28日(土)〜10月3日(日)
    もうすぐ終了[あと9日]
    開館時間
    午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
    料金
    無料
    休館日 月曜日(ただし9月20日は祝日のため開館し、翌日休館)
    公式サイト https://www.city.itabashi.tokyo.jp/artmuseum/
    会場
    板橋区立美術館
    住所
    〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
    03-3979-3251
    館蔵品展 目力展 見る/見られるの関係性のレポート
    1
    自画像、肖像画、目を描いた作品、目の存在を感じさせる作品などを紹介
    当時の社会状況や画家の想い、絵を見る我々に訴えかけてくるものを感じて
    目のある絵画を通じて「見る/見られる」の関係について考察。観覧無料!

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催まであと21日
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと184日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    3
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと20日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと79日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと149日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年4月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2022年2月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    目黒区めぐろ歴史資料館 研究員募集中! [目黒区めぐろ歴史資料館]
    東京都
    国際芸術祭「あいち2022」臨時的任用職員の募集(2021年12月採用) [愛知芸術文化センター]
    愛知県
    狭山市立博物館 副館長募集 [狭山市立博物館]
    埼玉県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード