小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌

    京都文化博物館 | 京都府

    戦死した将校を描いた異色の戦争画《國之楯》。この作品を描いたのは大正期から昭和期にかけて京都を中心に活躍した日本画家、小早川秋聲(1885~1974)です。この度、個人コレクションを中心に、秋聲の初期から晩年にいたる日本画約110点および資料から、その画業の全貌をご紹介する初めての大規模回顧展を開催します。 鳥取県にある光徳寺の長男として生まれた秋聲は、9歳で東本願寺の衆徒として僧籍に入ります。その後、京都で谷口香嶠、山元春挙といった日本画家に絵を学び、文展、帝展を中心に活躍しました。しばしば中国に渡り東洋美術を研究、欧州を旅し西洋美術を学ぶなど、旅を多くした画家でもあります。やがて、従軍画家として戦地に派遣されるようになります。 代表作《國之楯》は陸軍に受け取りを拒否され、長く秘匿されていましたが、戦後、改作され公開されるに至りました。 本展は、新たに発見された戦争画をはじめ初公開の作品を多数含め、戦争画にとどまらない、秋聲の清新で叙情的な画業を幅広くご紹介します。
    会期
    2021年8月7日(土)〜9月26日(日)
    もうすぐ終了[あと9日]
    開館時間
    10:00~18:00 金曜日は10:00~19:30(入場は閉室の30分前まで)
    料金
    一般1,400円(1,200円)、大高生1,100円(900円)、中小生500円(300円)
    ※( )内は前売り、団体(20名以上)の料金
    ※入場券1枚につき展覧会入場はいずれか1日1名様1回限り有効。
    ※未就学児は無料。(ただし、保護者同伴)
    ※学生料金で入場の際には学生証をご提示ください。
    ※障がい者手帳等をご提示の方と付き添い1名は無料。
    休館日 月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
    公式サイト https://www.bunpaku.or.jp/
    会場
    京都文化博物館
    住所
    〒604-8183 京都府京都市中京区三条高倉
    075-222-0888
    小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌の巡回展
    京都府
    2021年8月7日(土)〜9月26日(日) 京都文化博物館
    もうすぐ終了[あと9日]
    展覧会の詳細はこちら
    東京都
    2021年10月9日(土)〜11月28日(日) 東京ステーションギャラリー
    開催まであと22日
    展覧会の詳細はこちら
    鳥取県
    2022年2月11日(金)〜3月21日(月) 鳥取県立博物館
    開催まであと147日
    展覧会の詳細はこちら

    展覧会ランキング
    1
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと27日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    2
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと191日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    3
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催まであと28日
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催まであと1日
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと156日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)金沢芸術創造財団 学芸員募集(金沢21世紀美術館) [金沢21世紀美術館]
    石川県
    特定非営利活動法人 茅ヶ岳歴史文化研究所 埋蔵文化財発掘調査員募集 [北杜市内発掘調査現場及び法人事務所]
    山梨県
    【学芸員歓迎】横浜人形の家 事業企画スタッフ(展示企画・製作/教育普及プログラム実施等)募集 [横浜人形の家]
    神奈川県
    公益財団法人 金沢文化振興財団 学芸員(正規職員)募集 [前田土佐守家資料館]
    石川県
    国立新美術館 学芸課 研究補佐員(美術資料室) 公募 [国立新美術館]
    東京都

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード