小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌

    東京ステーションギャラリー | 東京都

    鳥取・光徳寺に生まれた小早川秋聲(こばやかわしゅうせい・1885-1974)は、9歳で京都・東本願寺の僧籍に入り、15歳で勤めを終えると画家を志し、谷口香嶠や山元春挙らに師事、文展への出品を重ねながらヨーロッパやアジアにも遊学するなど、多くの研鑽を積みました。 従軍画家として度々中国等へ赴き、1944年、兵士の死を弔って描いた《國之楯(くにのたて)》は異彩を放つ1点です。 本展では初期から晩年の宗教画までを展示し、大正から昭和にかけて京都画壇で活躍した小早川の画業を回顧します。
    会期
    2021年10月9日(土)〜11月28日(日)
    開催中[あと40日]
    開館時間
    10:00 - 18:00
    ※金曜日は20:00まで開館
    ※入館は閉館の30分前まで
    休館日 月曜日(11月22日は開館)
    チケットを買う https://l-tike.com/event/mevent/?mid=597838
    公式サイト http://www.ejrcf.or.jp/gallery/index.asp
    会場
    東京ステーションギャラリー
    住所
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前
    03-3212-2485
    小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌のレポート
    5
    亡くなった将校の顔に寄せ書きの日章旗、軍が受け取り拒否した《國之楯》
    大正から昭和にかけて活躍した日本画家、小早川秋聲。初めての大規模展
    何度も戦地に赴き描いた戦争画だけでなく、初期の歴史画から晩年の仏画も
    小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌の巡回展
    京都府
    2021年8月7日(土)〜9月26日(日) 京都文化博物館
    東京都
    2021年10月9日(土)〜11月28日(日) 東京ステーションギャラリー
    開催中[あと40日]
    展覧会の詳細はこちら
    鳥取県
    2022年2月11日(金)〜3月21日(月) 鳥取県立博物館
    開催まであと115日
    展覧会の詳細はこちら

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催中[あと89日]
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催中[あと85日]
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    3
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと54日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    4
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと159日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと124日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    泉美術館 学芸員(契約)募集 [公益財団法人 泉美術館]
    広島県
    日本銀行金融研究所 貨幣博物館職員(事務職員)の募集 [日本銀行金融研究所貨幣博物館]
    東京都
    川崎市岡本太郎美術館 職員(学芸員)募集 [川崎市岡本太郎美術館]
    神奈川県
    知床博物館 [斜里町立知床博物館]
    北海道
    大阪歴史博物館 受付・案内員募集(お仕事No 210907bf) [大阪歴史博物館]
    大阪府

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード