ミロ展 日本を夢みて

    Bunkamura ザ・ミュージアム | 東京都

    国内では20年ぶり、待望の大規模ミロ回顧展 スペイン、バルセロナ生まれの芸術家ミロ(1893-1983)。 シュルレアリスムを足掛かりに唯一無二の作品世界を築いたこの芸術家は現在も世界的な人気を誇り、近年パリでは大回顧展が開催されるなど、その活動に改めて注目が集まっています。彼の独自の創作活動の裏側には日本文化への深い造詣がありました。 本展では、若き日の日本への憧れを象徴する初期作品から代表作、そして日本で初めて紹介されたミロ作品などを紹介します。さらに、本人のアトリエにあった日本の民芸品、批評家の瀧口修造との交流を示す多彩な資料を通して、意外なほどに深いミロと日本のつながりを紐解きます。 
    会期
    2022年2月11日(金)〜4月17日(日)
    開催まであと18日
    開館時間
    10:00-18:00(入館は17:30まで)
    毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
    ※金・土の夜間開館につきましては、状況により変更になる可能性もございます。
    休館日 2/15(火)、3/22(火)
    公式サイト https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/22_miro/information.html
    会場
    Bunkamura ザ・ミュージアム
    住所
    〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
    050-5541-8600(ハローダイヤル)
    ミロ展 日本を夢みてに関連する特集
    大きな話題になりそうなのが「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」。「宝石 地球がうみだすキセキ」は女子の目をくぎづけにしそう。“ポンペイ展の決定版”といえる展覧会も楽しみです。

    おすすめレポート
    学芸員募集
    日本博物館協会 学芸員募集中! [日本博物館協会]
    東京都
    山形大学附属博物館事務補佐員(学芸員)募集 [山形大学附属博物館]
    山形県
    野田宇太郎文学資料館専門員(パートタイム会計年度任用職員)募集 [野田宇太郎文学資料館]
    福岡県
    外務省外交史料館 非常勤職員募集(史料補修員) [外務省外交史料館]
    東京都
    奈良文化財研究所 展示企画室アソシエイトフェロー 募集 [奈良文化財研究所]
    奈良県
    展覧会ランキング
    1
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展 ポンペイ
    開催中[あと69日]
    2022年1月14日(金)〜4月3日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    【開幕日延期】ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展
    開催中[あと69日]
    2022年1月22日(土)〜4月3日(日)
    3
    ビッグパレットふくしま(福島県産業交流館) | 福島県
    WHO IS BANKSY? バンクシーってだれ?展
    開催まであと156日
    2022年6月29日(水)〜8月24日(水)
    4
    京都市京セラ美術館 | 京都府
    特別展 ポンペイ
    開催まであと87日
    2022年4月21日(木)〜7月3日(日)
    5
    東京国立近代美術館 | 東京都
    柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」
    開催中[あと20日]
    2021年10月26日(火)〜2022年2月13日(日)

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム 干支コレクション アワード

    ミュージアム キャラクター アワード