特別展「毒」

    大阪市立自然史博物館 | 大阪府

    「毒はコワい…」でも、だから興味をそそる! 実は、この世界は「毒」だらけ。もちろん我々の近くにも…。 「毒」の世界へようこそ! 「毒」は基本的にヒトを含む生物に害を与える物質として理解されています。しかし、毒のなかには単に毒にとどまらず、薬効をもつものもあります。「生物に何らかの作用を与える物質」のうち、人間にプラスに働くものを薬、マイナスに働くものを毒と呼んで、多様で複雑な自然界を理解し、利用するために人間が作り出した概念と考えることができます。人体に有用なものでも、取りすぎると毒になることがあります。また、アレルギー反応にみられるように、感受性の高低によっても毒性は異なります。 本展では動物、植物、菌類、そして鉱物や人工毒など、自然界のあらゆるところに存在する毒について、動物学、植物学、地学、人類学、理工学の各研究分野のスペシャリストが徹底的に掘り下げ、国立科学博物館ならではの視点で解説していきます。毒をテーマにした特別展は、国立科学博物館では初めての開催となります。 自然界、そして人間の社会にはさまざまな毒が存在します。毒とそれに関わる生物との関係を知ることは、自然界の神秘と驚きに満ちた一面を知ると共に、現代社会を生きるうえで大きな助けとなると考えています。
    会期
    2023年3月18日(土)〜5月28日(日)
    会期終了
    開館時間
    9:30~17:00まで(入館1630まで)
    休館日 月曜日(ただし、4月3日、5月1日はのぞく)
    公式サイト https://www.ktv.jp/event/dokuten/
    会場
    大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール
    住所
    〒546-0034 大阪府大阪市東住吉区長居公園1-23
    大阪市総合コールセンター 06-4301-7285
    評価
    特別展「毒」のレポート
    0
    「コノセカイハ、ドクダラケ。」というキャッチーなコピーが目を引く特別展「毒」。
    会場入り口で出迎えてくれるのは、オオスズメバチと大きく口を開けて牙を剥くハブの巨大な模型!毒をもつ生物たちの精巧に作られた巨大模型に、圧倒されます。
    豊富なミュージアムショップも必見。「毒」展の思い出にどうぞ
    特別展「毒」の巡回展
    東京都
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日) 国立科学博物館
    大阪府
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    しょうけい館(戦傷病者史料館) 学芸スタッフの募集 [しょうけい館(戦傷病者史料館)]
    東京都
    国立美術館本部事務局情報企画室 情報研究補佐員(情報システム管理担当)公募 [国立美術館本部 (東京都千代田区北の丸公園3-1)]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと83日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと71日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと71日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと14日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    5
    お札と切手の博物館 | 東京都
    お札を創る工芸官の伝統技
    もうすぐ終了[あと1日]
    2024年6月11日(火)〜7月15日(月)