至高の紫 典雅の紅 王朝の色に挑む

    岡崎市美術博物館 | 愛知県

    古代、染織品は美と富の象徴でした。そのまばゆい色彩は人々を魅了し、特に紫などは貴重な色として尊ばれました。 現在では失われてしまったこれらの色を追い求めたのが、京都で江戸時代から続く染色工房「染司(そめのつかさ)よしおか」の4代目・5代目当主にして染色家の吉岡常雄・幸雄親子です。 彼らは、古来の文献をひもとき、美術工芸を学び、世界各地の染織品と技術を訪ね歩いて、自然の染料による日本の伝統色の再現に努めました。 その仕事は、特に社寺の祭祀や、古典文学、中でも『源氏物語』にみる色彩や装束の再現・復元として知られています。 本展では、あくなき探究心と情熱により現代によみがえった王朝の色彩をご紹介します。
    会期
    2023年9月16日(土)〜11月5日(日)
    会期終了
    開館時間
    午前10 時から午後5時(入館は午後4時30 分まで)
    料金
    一般[高校生以上]1000円(900円)、小中学生 500円(450円)
    ※展覧会限定フリーパス「Limi-pass(リミパス)」は1500円
    ※()内は各種割引および20名以上の団体料金
    休館日 毎週月曜日、9月19日(火曜日)、10月10日(火曜日)※ただし、9月18日(月曜日・祝日)、10月9日(月曜日・祝日)は開館
    公式サイト https://www.city.okazaki.lg.jp/museum/
    会場
    岡崎市美術博物館
    住所
    〒444-0002 愛知県岡崎市高隆寺町峠1 岡崎中央総合公園内
    0564-28-5000
    至高の紫 典雅の紅 王朝の色に挑むに関連する特集
    近代建築の三大巨匠のひとり、フランク・ロイド・ライトの回顧展や3人組女性ユニットPerfume初の大規模衣装展。京都画壇の名画を堪能できる展覧会や中部地方では初となる「福田美蘭」の個展など。2023年の秋、全国で開催されるおすすめ展覧会をご紹介。
    おすすめレポート
    学芸員募集
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    奥州市牛の博物館 学芸調査員(会計年度任用職員) [奥州市牛の博物館]
    岩手県
    独立行政法人国立美術館東京国立近代美術館 企画課特定研究員(企画情報発信室)公募  [東京国立近代美術館(東京都千代田区北の丸公園3-1)]
    東京都
    科学技術館(大阪市西区)運営事務・来館者対応スタッフ募集! [科学技術館(大阪市西区)]
    大阪府
    名勝依水園・寧楽美術館 学芸員募集 [名勝依水園・寧楽美術館]
    奈良県
    展覧会ランキング
    1
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと42日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    2
    MOA美術館 | 静岡県
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催まであと132日
    2024年7月6日(土)〜9月9日(月)
    3
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと14日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)
    4
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと14日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    5
    国立国際美術館 | 大阪府
    特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」
    開催中[あと71日]
    2024年2月6日(火)〜5月6日(月)