デ・キリコ展

    東京都美術館 | 東京都

    デ・キリコ芸術の全体像に迫る大回顧展 20世紀を代表する 巨匠の一人、ジョルジョ・デ・キリコ(1888-1978)の画業を広く紹介する展覧会が日本では10年ぶりに開催。 デ・キリコが1910年頃から描き始めた「形而上絵画」(幻想的な風景や静物によって非日常的な世界を表現する絵画)は、数多くの芸術家や国際的な芸術運動に大きな影響を与えました。 シュルレアリスムや ポップアートなどはもちろん、現代の最新のデジタルアートの表現にまでその影響をみることができます。 展覧会では、ローマのジョルジョ・エ・イーザ・デ・キリコ財団の全面的協力により、国内外の優品が集結。 デ・キリコのおよそ70年にわたる画業を「イタリア広場」「形而上的室内」「マヌカン」などのテーマに分け、初期から晩年までの作品を余すところなく紹介。 デ・キリコが描いた世界をたどっていきます。 (報道発表より)
    会期
    2024年4月27日(土)〜8月29日(木)
    開催中[あと67日]
    開館時間
    9:30~17:30
    金曜日は20:00まで(入室は閉室の30分前まで)
    料金
    一般 2,200円
    大学生・専門学校生 1,300円
    65歳以上 1,500円

    土曜・日曜・祝日及び8月20日(火)以降は日時指定予約制(当日空きがあれば入場可)
    ※8月16日(金)までの平日は日時指定予約は不要です
    休館日 月曜日、5月7日[火]、7月9日[火]~16日[火] ※ただし、4月29日[月・祝]、5月6日[月・休]、7月8日[月]、8月12日[月・休]は開室
    公式サイト https://dechirico.exhibit.jp/
    会場
    東京都美術館
    住所
    〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36
    050-5541-8600(ハローダイヤル)
    評価
    デ・キリコ展のレポート
    3
    形而上絵画で20世紀美術に衝撃を与えた巨匠、日本では10年ぶりの大規模展
    歪んだ遠近法、脈絡のないモチーフの配置…。日常の奥に潜む非日常を表現
    初期から晩年までの絵画を網羅的に紹介するとともに彫刻や舞台美術も展示
    デ・キリコ展に関連する特集
    デ・キリコの大規模展やリニューアルした横浜美術館で開催される「横浜トリエンナーレ、お風呂の世界へ誘う「テルマエ展」など。2024年、3月~5月にはじまる首都圏の展覧会をご紹介。
    おすすめレポート
    学芸員募集
    【公益財団法人札幌市芸術文化財団】 学芸員(正職員)募集中! [札幌芸術の森美術館 他]
    北海道
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    展覧会企画運営スタッフ(正社員)募集|株式会社アートインプレッション [株式会社アートインプレッション]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと104日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    開催中[あと35日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    3
    国立西洋美術館 | 東京都
    内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙
    開催中[あと63日]
    2024年6月11日(火)〜8月25日(日)
    4
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    本日終了
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    5
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと92日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)