企画展

    重岡良子花鳥画展-伝統の中の日本画から明日へ-

    大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館) | 大阪府

    大阪くらしの今昔館では現代日本画家の個展「重岡良子花鳥画展-伝統の中の日本画から明日へ-」を開催します。花鳥画は山野に咲く花や小鳥を写生して描いたもので、その作品を座敷に掛軸や屏風・襖絵として飾ることで住空間に季節のうつろいを感じさせてきました。テクノロジーが進化し、価値観が多様化する現代では、様々な分野において伝統的技術・文化の継承が困難となっています。日本画で花鳥画を描くこと、また伝統的な住居の中でそれらを楽しむ文化もそのひとつです。 重岡氏は伝統的な手法にのっとり、数十年にわたって花鳥の写生を積み重ね、「琳派」に着想を得た「IMA琳派」を提唱して装飾性を持たせた屏風絵の数々を発表してきました。当館では令和3年4月から6月にかけて重岡氏の作品の中から「春夏」の画題を展示しました。 今回はその続編として「秋冬」の花鳥画を、新作の屏風3点も交えて展示します。本展を通じてより気軽に絵画に親しみ、花鳥のモチーフを現代の暮らしに取り入れる提案も行います。
    会期
    2023年9月16日(土)〜11月5日(日)
    会期終了
    開館時間
    10時~17時(入館は16時30分まで)
    料金
    企画展のみ 300円
    常設展+企画展 一般800円(団体700円)
    高校生・大学生500円(団体400円)(要学生証提示)
    *団体は20名以上
    *中学生以下、障がい者手帳・ミライロID等提示者(介護者1名を含む)
     大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明書提示)
    休館日 毎週火曜日
    観覧時間の目安 60分
    公式サイト https://www.osaka-angenet.jp/konjyakukan/exhibition_special/260000706
    会場
    大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館)
    住所
    〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋6-4-20 住まい情報センター8階
    06-6242-1170
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    国立工芸館研究補佐員(学芸業務)公募 [国立工芸館]
    石川県
    【パート】神戸海洋博物館 運営スタッフ 募集! [神戸市中央区波止場町2-2(神戸海洋博物館)]
    兵庫県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと138日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと27日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    3
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと13日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    4
    SOMPO美術館 | 東京都
    北欧の神秘 ― ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画
    開催中[あと20日]
    2024年3月23日(土)〜6月9日(日)
    5
    静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
    画鬼 河鍋暁斎×鬼才 松浦武四郎
    開催中[あと20日]
    2024年4月13日(土)〜6月9日(日)