第5回企画コーナー展示

    吉備津彦神社 幻の御神刀

    岡山城天守閣 | 岡山県

    <開催概要>  備前刀の聖地、故郷である備前国。平安時代の和歌集『古今和歌集』には「真金吹く 吉備の中山 帯にせる 細谷川の音のさやけさ」とあり、古来より鉄の産地として名を馳せました。 この吉備の中山東麓に鎮座するのが備前一宮の吉備津彦神社です。「桃太郎」のモデルといわれる彦五十狭芹彦命 (大吉備津日子命)や、鉱山や金属の神・金山彦命を祀り、備前国の製鉄や作刀を見守り続けてきました。 また、古来より武門武将の崇敬が篤い神社で、池田家をはじめとする岡山城主たちを含む、多くの人々の畏敬を集めました。 社伝によると、江戸時代延宝五年に、池田恒興(輝武命)、その子・池田輝政(火星照命)が相殿に祀られ、元禄10年(1697)には6代目城主の綱政によって社殿が再建されました。そのため、吉備津彦神社には岡山城主に関連する御神宝が多く伝わっています。 この度、岡山城改修工事中、収蔵資料を調査した結果、岡山の歴史を考える上で歴史的価値の高い御神刀の存在を確認いたしました。 本展では、吉備津彦神社の御協力のもと、特別観覧として、確認された御神刀をはじめ家次、國行など岡山城主ゆかりの刀や、長光などの御神刀を展示いたします。 どうぞ心ゆくまでご鑑賞下さい。 <見どころ> (1)初公開! 第6代目岡山城主・池田綱政ゆかりの御神刀 吉備津彦神社本殿が再建された、元禄10年(1697)に鍛えられた大太刀2振。 6代目岡山城主・池田綱政の指示で津田永忠が依頼したもので、どちらも備前長船の刀工(岡山藩の抱工)・横山上野大掾藤原祐定(よこやま こうづけの だいじょう ふじわら すけさだ)の作です。長さ、約1丈1尺7寸2分(355.1cm)と約8尺8寸9分(269.4cm)と、巨大なものです。 (2)岡山城主ゆかりの刀       初代岡山城主・宇喜多秀家の家臣・本多政重所用と伝わる脇差「家次(いえつぐ)」、8代目城主・池田宗政所用と伝わる刀「国行紹介いたします。
    会期
    2023年9月3日(日)〜12月3日(日)
    会期終了
    開館時間
    9時~17時30分(最終受付は17時まで)
    ※11月17日(金)~11月26日(日)は9時~21時(最終受付は20時30分まで)
    料金
    15歳以上400円、小中学生100円
    *未就学児無料
    *市内65歳以上無料
    *そのほかの割引はホームページをご確認ください。
    休館日 なし
    観覧時間の目安 60分
    公式サイト https://okayama-castle.jp/1019/
    会場
    岡山城天守閣
    住所
    〒7000823 岡山県岡山市北区丸の内2-3-1
    0862252096
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    三条市歴史民俗産業資料館(月給)学芸員募集! [三条市歴史民俗産業資料館]
    新潟県
    町田市民文学館ことばらんど 学芸員・教育普及担当(会計年度任用職員)募集! [町田市民文学館ことばらんど]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    開催中[あと27日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと131日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    3
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと20日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    4
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと6日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    デ・キリコ展
    開催中[あと94日]
    2024年4月27日(土)〜8月29日(木)