企画展「レトロ・ロマン・モダン、乙女のくらし」

    大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館) | 大阪府

     明治から昭和にかけて、女性たちの暮らしは家庭内から外へより活動的に変化していきました。服装も着物から洋服へ、髪型は日本髪から束髪を経て断髪へと変容し、「モダンガール」と呼ばれる新しい女性像が展開しました。変化する生活に伴って特に女性用の化粧方法も変化し、多種多様に商品開発されました。パッケージには当時の女性に好まれたデザインを取り入れたため、時代の雰囲気をよく表しています。  本展では近代の商業デザインの研究家である佐野宏明氏のコレクションを中心に、「レトロ・ロマン・モダン」と呼ばれる大正時代前後の化粧品や薬など生活雑貨のパッケージ、雑誌や商品広告などを展示し、当時の女性の暮らしとその中にある美意識を探ります。
    会期
    2024年7月13日(土)〜10月14日(月)
    開催中[あと84日]
    開館時間
    10時~17時(入館は16時30分まで)
    料金
    企画展:500円
    常設展+企画展:一般1,000円(団体900円)、高・大生700円(団体600円)(要学生証原本提示)

    ※団体は20名以上
    ※中学生以下、障がい者手帳・ミライロID等提示者(介護者1名を含む)、 大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明書原本提示)
    休館日 毎週火曜日、9月2日(月)~6日(金)
    観覧時間の目安 60分
    公式サイト https://www.osaka-angenet.jp/konjyakukan/exhibition_special/260000934
    会場
    大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館)
    住所
    〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋6-4-20 住まい情報センター8階
    06-6242-1170
    企画展「レトロ・ロマン・モダン、乙女のくらし」に関連する特集
    展覧会に行くきっかけはチラシを見て、という方も多いのでは? ミュージアムの規模や地域を問わず、優れたデザインの展覧会チラシはとても印象に残ります。
    ここではアイエム編集部が選んだ、美しいデザインの展覧会チラシをご紹介します。
    おすすめレポート
    学芸員募集
    大阪府立弥生文化博物館 学芸員(常勤・非常勤)募集中! [大阪府立弥生文化博物館]
    大阪府
    【2024年5月開館】「名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館」正規学芸員を募集! [愛知県名古屋市中区栄3丁目35番43号(名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館)]
    愛知県
    【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
    千葉県
    【急募】ながのこども館ながノビ! オープニングスタッフ募集 [ながのこども館 ながノビ!]
    長野県
    石川県教育委員会事務局職員(近世史料編さん専門職員)募集(R7.4採用) [文化財課、金沢城調査研究所など]
    石川県
    展覧会ランキング
    1
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと75日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    2
    SOMPO美術館 | 東京都
    ロートレック展 時をつかむ線
    開催中[あと63日]
    2024年6月22日(土)〜9月23日(月)
    3
    国立新美術館 | 東京都
    CLAMP展
    開催中[あと63日]
    2024年7月3日(水)〜9月23日(月)
    4
    東京国立博物館 | 東京都
    カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
    もうすぐ終了[あと6日]
    2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
    5
    東京都 | 東京都
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催まであと102日
    2024年11月1日(金)〜2025年2月2日(日)