「タイプ産地」としての日光の魅力を紹介!

    テーマ展「日光産の標本から学名がついた動植物」

    栃木県立博物館 | 栃木県

    「学名」とは、動物や植物に付けられる、世界共通の名前のことです。一定のルールに基づいて付けられ、ラテン語で表記されます。新種の動植物は、学名や基準となる標本を決めて発表されます。その標本を「タイプ標本」と言います。タイプ標本が採集された場所を「タイプ産地」と言います。日光産の標本をもとに、新種として発表された動植物はたくさんあります。
    日光では江戸時代から東洋流博物学(薬となる植物や動物、鉱物を調べて記録する学問)の研究が行われてきました。幕末から明治期にかけては、日光の動植物は多くの外国人によって研究されました。明治期以降、日本人研究者の間に西洋流博物学(動物、植物、岩石などを調べて記録する学問)が広まると、さらに詳細な調査・研究が行われるようになり、日光は明治~昭和初期の博物学的研究の一大拠点となりました。日光をタイプ産地とする動植物が多いのは、そのためです。この日光の動植物研究は、脈々と引き継がれてきた、誇るべき文化的活動です。
    本テーマ展では、これからも絶え間なく続いていくことが期待される日光の動植物研究を紹介します。
    会期
    2020年10月10日(土)〜2021年3月7日(日)
    開催中[あと136日]
    開館時間
    09:30~17:00 (入館は閉館時間の30分前)
    料金
    【料金(展示室に入る場合のみ)】
    一般 260(200)円 / 大学生・高校生 120(100)円 / 中学生以下 無料
    ※( )内は20名以上の団体料金、またはM割料金
    休館日 月曜日(祝日の場合は翌平日)、11月4日、12月28日~1月4日
    観覧時間の目安 ~60分
    公式サイト http://www.muse.pref.tochigi.lg.jp/
    会場
    栃木県立博物館
    住所
    〒320-0865 栃木県宇都宮市睦町2-2
    028-634-1311

    展覧会ランキング
    1
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    開催中[あと87日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月17日(日)
    2
    六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー | 東京都
    FREESTYLE 2020 大野智 作品展
    開催中[あと17日]
    2020年9月9日(水)〜11月8日(日)
    3
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「桃山-天下人の100年」
    開催中[あと38日]
    2020年10月6日(火)〜11月29日(日)
    4
    京都国立博物館 | 京都府
    御即位記念 特別展「皇室の名宝」
    開催中[あと32日]
    2020年10月10日(土)〜11月23日(月)
    5
    ソニーミュージック六本木ミュージアム | 東京都
    DOUBLE FANTASY – John & Yoko
    開催中[あと81日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月11日(月)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    公益財団法人静嘉堂 静嘉堂文庫美術館 広報担当職員の募集 [静嘉堂文庫美術館]
    東京都
    童謡・唱歌専門員募集(正規) [わらべ館]
    鳥取県
    独立行政法人国立美術館 国立新美術館 特定研究員(特定有期雇用職員)公募 [国立新美術館]
    東京都
    国立民族学博物館事務補佐員(非常勤)を募集 [国立民族学博物館]
    大阪府
    【山梨県立科学館】 企画・解説スタッフ募集のご案内 [山梨県立科学館]
    山梨県

    ミュージアム キャラクター アワード