インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  学芸員募集の掲示板  >  独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所アソシエイトフェローの募集

学芸員募集の掲示板

前を見る 前を見る 次を見る
【この募集情報は有効期限を過ぎました】
[NO.4332] 独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所アソシエイトフェローの募集
会社・団体名 独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所
担当者 研究支援推進部管理課総務係 安川
勤務地(都道府県) 東京都
勤務先(館名) 東京文化財研究所
TEL 03-3823-2244
FAX 03-3823-4939
メール yasukawa30@tobunken.go.jp
詳細ページURL http://www.tobunken.go.jp/japanese/recruit.html
情報の公開日 2019年1月11日
有効期限 2019年2月7日
一言PR 東京文化財研究所は、独立行政法人国立文化財機構の1施設です。国立文化財機構は4つの国立博物館(東京、京都、奈良、九州)、2つの文化財研究所(東京、奈良)、アジア太平洋無形文化遺産研究センターの7つの施設で構成されています。
当研究所は、1930(昭和5)年に開設された帝国美術院附属美術研究所を母体とします。研究所の概要につきましては、下記よりURLからご確認ください。
http://www.tobunken.go.jp/japanese/gaiyo/gaiyo.html
仕事内容 (1)職務内容
独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所文化遺産国際協力センターが行っている壁画保存修復事業に係る事務・調整業務全般を行う。特に、壁画の保存・活用に関する情報収集及び分析、研究集会等の運営に関わる事務手続き及び海外関係者との連絡調整等を行う。
業務の詳細については,ホームページ(http://www.tobunken.go.jp)を参照してください。
雇用形態 契約
勤務時間 月~金(週5日)
9:45~17:45(1日7時間,週35時間)
休憩時間1時間(12:00~13:00)
休日・休暇 休 暇 等:年次有給休暇、夏季休暇、特別休暇等があります。
休   日:土・日曜日、祝日・休日、年末年始(12月29日~1月3日)
※必要に応じ超過勤務、休日勤務等の可能性があります。
応募資格 (1)大学学部卒業またはこれと同等以上の学歴を有する者。
(2)業務遂行上必要とされる言語(英語・日本語は必須とする。)の十分な能力を有する者。特に英語については、[履歴書](別紙様式1)の語学力の欄における4段階以上の語学力が必要。
(3)文化遺産の保護における国際協力に関して意欲を有する者。
(4)文化財の保存修復事業に関する経験のあることが望ましい。
給与 ①年俸4,200,000円
・年俸の12分の1の額を毎月17日に支給します。
②その他手当等
・該当時に支給される手当
通勤手当(月55,000円上限)、超過勤務手当、休日給及び夜勤手当を支給します。
待遇 採用予定日:平成31年4月1日付
身   分:アソシエイトフェロー
年 限 等:契約期間は1年。ただし、双方の合意により、採用日から5年を限度として契約期間を更新する可能性があります。
保 険 等:厚生年金、健康保険、雇用保険、労災保険加入。
応募方法 応募手続
(1)応募書類
・履歴書(別紙様式1 写真貼付のうえ必ず押印のこと。)
・国内外での活動歴(研究業績を含む。)(別紙様式2)
・最終出身大学院の修了証明書(外国語で記載されている場合は日本語訳を添付。)
・成績証明書(大学学部以上のすべて。)(同上。)
・学位証明書(博士学位取得の場合提出。)(同上。)
・主たる論文の抜粋、著書、図録等 3篇以内
冊子不可。冊子の場合は必ずA4片面コピーをとったものを提出すること。
修士・博士論文等提出時は,日本語で4,000字以内のレジュメを添付すること。
・TOEIC等の語学検定取得年月および点数等を履歴書(別紙様式1)の「語学欄」、「他の外国語欄」に記載し、公式認定証の写を添付すること。
(2)応募締め切り
平成31年2月7日(木)17時必着
提出書類を入れた封筒の表に「文化遺産国際協力センターAF(技術支援研究室) 応募書類在中」と朱書きの上、提出期限までに書留便等にて郵送してください。なお、持参による提出も受け付けます。
(3)応募書類提出先
〒110-8713 東京都台東区上野公園13-43
独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所 研究支援推進部管理課総務係
(4)応募書類は原則として返却しませんのでご了承ください。(全ての個人情報は、当法人の法人文書等管理規程に基づき厳正に管理します。当公募の応募書類は審査以外の目的に使用しません。)

応募書類は、当所HPをご確認いただき、所定様式等をダウンロードしてください。
http://www.tobunken.go.jp/japanese/recruit.html

選考方法
(1)第1次選考
提出された書類により選考を行います。
2)第2次選考
・第1次選考合格者に対して、筆記試験(小論文および英語)と面接試験を実施します。
・実施日:平成31年2月20日(水)を予定。なお、試験時間等詳細については、第1次選考合格通知時に別途連絡します。

選考結果の通知
(1)第1次選考結果
2月15日(金)までに文書にて合格者にのみ本人へ通知します。ただし、電話およびEメールにより通知することがあります。
(2)第2次選考結果
2月26日(火)までに文書にて本人へ通知します。ただし、電話およびEメールにより通知することがあります。

問い合わせ先
独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所
文化遺産国際協力センター 技術支援研究室長  加藤 雅人
電話:03-3823-4921,メールアドレス:m_kato@tobunken.go.jp
文化遺産国際協力センター 研究員 前川 佳文 
電話:03-3823-2437,メールアドレス:yoshifumi.m@tobunken.go.jp
研究支援推進部管理課総務係 安川 政和
電話:03-3823-2244,メールアドレス:yasukawa30@tobunken.go.jp
掲載日だけの変更は禁止です。募集期限が過ぎた場合は、再度投稿してください
編集(パスワードが必要です)
前を見る 前を見る 次を見る
インターネットミュージアム アルバイト募集中
取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
太田記念美術館「江戸の凸凹
江戸の凸凹
鎌倉文学館「三島由紀夫「豊饒の海」のススメ」'
豊饒の海のススメ
神奈川県立歴史博物館「横浜開港160年 横浜浮世絵」'
「横浜浮世絵」展
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
根津美術館「はじめての古美術鑑賞
絵画のテーマ
Bunkamura
バレルcol.
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
横須賀美術館「縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展」'
スケール展
横浜美術館「Meet the Collection ― アートと人と、美術館」
[エリアレポート]
アートと人と美術館
愛知県美術館「アイチアートクロニクル1919-2019」
[エリアレポート]
アイチクロニクル
豊田市美術館「世界を開くのは誰だ?」
[エリアレポート]
世界を開くのは
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 松方コレクション展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道
日本画「青・蒼・碧」展 ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー 江戸の凸凹 ― 高低差を歩く ゴッホ展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社