インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  学芸員募集の掲示板  >  独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所アソシエイトフェロー(建築学)の募集

学芸員募集の掲示板

前を見る 前を見る 次を見る
[NO.4656] 独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所アソシエイトフェロー(建築学)の募集
会社・団体名 独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所
担当者 研究支援推進部管理課総務係 安川
勤務地(都道府県) 東京都
勤務先(館名) 東京文化財研究所
TEL 03-3823-2244
FAX 03-3823-4939
メール yasukawa30@tobunken.go.jp
詳細ページURL http://www.tobunken.go.jp/japanese/recruit.html
情報の公開日 2019年5月16日
有効期限 2019年6月11日
一言PR 東京文化財研究所は、独立行政法人国立文化財機構の1施設です。国立文化財機構は4つの国立博物館(東京、京都、奈良、九州)、2つの文化財研究所(東京、奈良)、アジア太平洋無形文化遺産研究センターの7つの施設で構成されています。
当研究所は、1930(昭和5)年に開設された帝国美術院附属美術研究所を母体とします。研究所の概要につきましては、下記よりURLからご確認ください。
https://www.tobunken.go.jp/japanese/gaiyo/gaiyo.html
仕事内容 (1)職務内容
独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所文化遺産国際協力センターが行っている文化遺産の保護に関わる調査研究及び国際協力事業の遂行。建築学等に関する専門知識を用いて、アジア諸国等における文化遺産保存修復協力事業に関する実務を執り行う。
業務の詳細については,ホームページ(https://www.tobunken.go.jp)を参照してください。
(2)募集分野
建築学及びその関連分野
雇用形態 契約
勤務時間 勤務時間 月~金(週5日)
9:45~17:45(1日7時間,週35時間)
休憩時間1時間(12:00~13:00)
休日・休暇 休 暇 等:年次有給休暇、夏季休暇、特別休暇等があります。
休   日:土・日曜日、祝日・休日、年末年始(12月29日~1月3日)
※必要に応じ超過勤務、休日勤務等の可能性があります。
応募資格 (1)建築学、都市工学、環境デザイン学等の分野で歴史的な建造物、都市、集落、景観等を専門とする者。
(2)同分野に関し、大学院修士課程(博士前期課程)修了またはこれと同等以上の学歴あるいは経歴を有する者。
(3)歴史的な建造物の実測や景観計画の作成等、文化遺産に関する現場調査の経験を有する者。
(4)文化遺産の保護における国際協力に意欲を有する者。
(5)業務遂行上必要な言語(日本語・英語は必須とする)の十分な能力を有する者。
給与 ①年俸4,680,000円
・年俸の12分の1の額を毎月17日に支給します。
②その他手当等
・該当時に支給される手当
通勤手当(月55,000円上限)、超過勤務手当、休日給及び夜勤手当を支給します。
待遇 採用予定日:令和元年8月1日付
身   分:アソシエイトフェロー
年 限 等:契約期間は3年。ただし、双方の合意により、採用日から5年を限度として契約期間を更新する可能性があります。
保 険 等:厚生年金、健康保険、雇用保険、労災保険加入。
応募方法 応募手続
(1)応募書類
・履歴書(別紙様式1 写真貼付のうえ必ず押印のこと。)
・研究業績調書(別紙様式2)
・国内外での活動歴(別紙様式3)
・これまでの研究に基づく「今後の研究計画」(別紙様式4)(2,000字程度、PC入力可)
・最終出身大学院の修了証明書(外国語で記載されている場合は日本語訳を添付。)
・成績証明書(大学学部以上のすべて。)(同上。)
・学位証明書(博士学位取得の場合提出。)(同上。)
・主たる論文の抜粋、著書、修復報告書等 3篇以内
冊子不可。冊子の場合は必ずA4片面コピーをとったものを提出すること。
修士・博士論文等提出時は,日本語で4,000字以内のレジュメを添付すること。
・TOEIC等の語学検定取得年月および点数等を履歴書(別紙様式1)の「語学欄」、「他の外国語欄」に記載し、公式認定証の写を添付すること。

(2)応募締め切り
令和元年6月11日(火)17時必着
提出書類を入れた封筒の表に「文化遺産国際協力センターAF 応募書類在中」と朱書きの上、提出期限までに書留便等にて郵送してください。なお、持参による提出も受け付けます。
(3)応募書類提出先
〒110-8713 東京都台東区上野公園13-43
独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所 研究支援推進部管理課総務係
(4)応募書類は原則として返却しませんのでご了承ください。(全ての個人情報は、当法人の保有個人情報等管理規程に基づき厳正に管理します。当公募の応募書類は審査以外の目的に使用しません。)

応募書類は、当所HPをご確認いただき、所定様式等をダウンロードしてください。
https://www.tobunken.go.jp/japanese/recruit.html

選考方法
(1)第1次選考
提出された書類により選考を行います。
2)第2次選考
・第1次選考合格者に対して、筆記試験(小論及び英語)と面接試験を実施します。
・実施日:令和元年6月21日(金)を予定。なお、試験時間等詳細については、第1次選考合格通知時に別途連絡します。

選考結果の通知
(1)第1次選考結果
 6月18日(火)までに文書にて合格者にのみ本人へ通知します。ただし、電話及びEメールにより通知することがあります。
(2)第2次選考結果
 6月25日(水)までに文書にて本人へ通知します。ただし、電話及びEメールにより通知することがあります。


問い合わせ先
独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所
文化遺産国際協力センター保存計画研究室長  金井 健
電話:03-3823-4085,メールアドレス:kanai03@tobunken.go.jp
研究支援推進部管理課総務係 安川 政和
電話:03-3823-2244,メールアドレス:yasukawa30@tobunken.go.jp
掲載日だけの変更は禁止です。募集期限が過ぎた場合は、再度投稿してください
編集(パスワードが必要です)
前を見る 前を見る 次を見る
取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
サントリー美術館「information
左脳と右脳
三菱一号館美術館「ラファエル前派の軌跡
ラファエル前派
東京国立博物館「特別展 美を紡ぐ
日本美術の名品
東京ステーションギャラリー「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」'
ルート・ブリュック
東京国立博物館「国宝
国宝 東寺
横須賀美術館「縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展」'
スケール展
森アーツセンターギャラリー「ムーミン展」
ムーミン展
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
東京都江戸東京博物館「江戸の街道をゆく」'
江戸の街道をゆく
歴博の総合展示第1展示室「先史・古代」がリニューアルオープン'
歴博「先史・古代」
MIHO
曜変天目と破草鞋
国立科学博物館「特別展
大哺乳類展2
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
東京国立近代美術館「福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ」'
福沢一郎展
TOC五反田メッセ「Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展」'
ストーンズ展
練馬区立美術館「くもんの子ども浮世絵コレクション 遊べる浮世絵展」
[エリアレポート]
遊べる浮世絵展
愛知県美術館「アイチアートクロニクル1919-2019」
[エリアレポート]
アイチクロニクル
奈良国立博物館「国宝の殿堂 藤田美術館展 曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき」
[エリアレポート]
藤田美術館展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
インターネットミュージアム アルバイト募集中
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 特別展 「恐竜博 2019」 ムーミン展
特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ― 雪舟、永徳から光琳、北斎まで ―」 「不思議の国のアリス展」神戸展 鎌倉禅林の美「円覚寺の至宝」 ウィリアム・モリスと英国の壁紙展 ― 美しい生活をもとめて
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社