インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  立花家史料館をたずねて~名勝の中にあるミュージアム

ミュージアム キャラクター アワード 2018 グランプリ特集

立花家史料館をたずねて
国指定名勝「立花氏庭園」正門 立花家史料館は右手です
洋館と和館が並ぶ立花伯爵家住宅は、明治43年に完成
洋館と和館が並ぶ立花伯爵家住宅は、明治43年に完成
日本庭園・松濤園
日本庭園・松濤園
鹿鳴館様式の流れをくむ西洋館
鹿鳴館様式の流れをくむ西洋館
西洋館の大広間
名勝の中にあるミュージアム
江戸時代を通じて柳川を治めた立花家。立花家史料館は柳川藩主時代と、明治維新後に伯爵家となった立花家に伝わる美術工芸品、約5000点を収蔵しています。

歴史ある大名家は、明治維新や第二次世界大戦後の混乱で、伝来の宝物が散逸してしまった例が少なくありません。立花家の御道具類も部分的には失われたものの、貴重な品々が数多く残っており、全国的にも貴重なコレクションといえます。

立花家史料館は1951年に「御花歴史資料館」として発足しました。1994年には貴重な文化財を展示する事に相応しい施設として「御花史料館」が開館し、2011年に立花家史料館に改称。現在は、公益財団法人立花財団が運営しています。

著名な所蔵品としては、国宝《短刀 銘 吉光》、重要文化財《剣 銘 長光》のほか、立花家を代表する甲冑《伊予札縫延栗色革包仏丸胴具足》、200頭以上伝わる《金箔押桃形兜》など。華やかな婚礼調度、狩野派や土佐派による書画も、見事な作品が伝わます。常設展示のほか、テーマを設けた企画展を年に4回開催しています。

館がある立花氏庭園は、国指定名勝です。柳川藩5代藩主・貞俶がこの地に別邸を設け、一帯は「御花」と呼ばれて親しまれました。明治時代になると迎賓館・西洋館と、和館の邸宅・大広間が整備され、庭園・松濤園とともに現在に伝わります。鹿鳴館様式の流れをくむ西洋館は結婚式場として、大広間は披露宴やパーティー会場としても利用できます。

最後に、柳川市をご紹介しましょう。多くの掘割(水路)を持ち、川下りで有名な柳川市。詩人・北原白秋の生家も、立花家史料館のすぐそばです。柳川の食なら、もちろんうなぎ。ご飯にタレをまぶして蒸し、香ばしく焼いたうなぎの蒲焼きをのせて再度蒸し、錦糸卵を散らした名物「せいろ蒸し」は絶品です。
西洋館の大広間

page 2
page 2
page 3


取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
サントリー美術館「information
左脳と右脳
三菱一号館美術館「ラファエル前派の軌跡
ラファエル前派
東京国立博物館「特別展 美を紡ぐ
日本美術の名品
東京ステーションギャラリー「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」'
ルート・ブリュック
東京国立博物館「国宝
国宝 東寺
横須賀美術館「縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展」'
スケール展
森アーツセンターギャラリー「ムーミン展」
ムーミン展
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
東京都江戸東京博物館「江戸の街道をゆく」'
江戸の街道をゆく
国立西洋美術館「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ
ル・コルビュジエ
歴博の総合展示第1展示室「先史・古代」がリニューアルオープン'
歴博「先史・古代」
国立科学博物館「特別展
大哺乳類展2
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
東京国立近代美術館「福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ」'
福沢一郎展
TOC五反田メッセ「Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展」'
ストーンズ展
練馬区立美術館「くもんの子ども浮世絵コレクション 遊べる浮世絵展」
[エリアレポート]
遊べる浮世絵展
愛知県美術館「アイチアートクロニクル1919-2019」
[エリアレポート]
アイチクロニクル
奈良国立博物館「国宝の殿堂 藤田美術館展 曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき」
[エリアレポート]
藤田美術館展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
インターネットミュージアム アルバイト募集中
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 特別展 「恐竜博 2019」
特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ― 雪舟、永徳から光琳、北斎まで ―」 鎌倉禅林の美「円覚寺の至宝」 ムーミン展 六古窯 ― 〈和〉のやきもの
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社