インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  「書聖 王羲之」展で、新発見資料を世界初公開

ニュース

「書聖 王羲之」展で、新発見資料を世界初公開
(掲載日時:2013年01月21日)
2013年1月21日(月)、東京・台東区の東京国立博物館で特別展「書聖 王羲之」の報道内覧会が行われた。

西晋(せいしん)から東晋にかけて活躍した貴族で書聖と称されるほど書が巧みだった、王羲之(おうぎし)の書の実像にせまる展覧会。

王羲之は没後も歴代の皇帝に愛好されたが、最高傑作「蘭亭序」(らんていじょ)が、唐の太宗皇帝が眠る昭陵(しょうりょう)に副葬されたことをはじめ、現在では王羲之の真蹟は一つも残されていない。

展覧会では王羲之の字姿を類推するうえでもっとも信頼が置ける一等資料である、当時の宮廷で作られた精巧な複製を中心に紹介。

本展にかかわる作品調査で、王羲之の字姿を伝える貴重な唐時代の摸本であることが新たに判明した「王羲之尺牘 大報帖(おうぎしせきとく たいほうじょう)」も世界初公開される。王羲之の新資料の発見は40年ぶり。

特別展「書聖 王羲之」は2013年1月22日(火)~3月3日(日)、東京国立博物館平成館にて。観覧料は一般当日1,500円。前売りは1,300円で1月21日(月)23:59まで発売中。




 
特別展「書聖 王羲之」のチケットはこちらiconicon

発信:インターネットミュージアム

東京国立博物館 施設詳細ページへ


この記事に関連した記事


新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
アソビル「バンクシー展
バンクシー
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社