インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  円山・四条派の大河を展観 ── 「円山応挙から近代京都画壇へ」展、東京と京都で開催へ

ニュース

円山・四条派の大河を展観 ── 「円山応挙から近代京都画壇へ」展、東京と京都で開催へ
(掲載日時:2019年04月16日)
展覧会を説明する、東京藝術大学大学美術館の古田亮准教授。左は東京展に出展される、円山応挙《山中乗馬図》東京藝術大学蔵
展覧会を説明する、東京藝術大学大学美術館の古田亮准教授。左は東京展に出展される、円山応挙《山中乗馬図》東京藝術大学蔵


円山応挙と呉春を起点にした京都画壇の流れをたどる大規模展が、今夏から東京と京都で開催される事となり、2019年4月16日(火)、都内で記者発表が行われた。

池大雅、伊藤若冲、与謝蕪村ら、様々な画家が活躍していた18世紀の京都において、円山応挙(1733-1795)は写生画で一世を風靡し、円山派を確立。呉春(1752-1811)は与謝蕪村に学び、応挙にも師事し、写生画に瀟洒な情趣を加味した四条派が生まれた。

両派は円山・四条派として京都の本流となり、近代の京都画壇まで重要な位置を占めている。

展覧会では応挙と呉春から、長沢芦雪、渡辺南岳、岸駒、岸竹堂、幸野楳嶺、塩川文麟、森徹山、菊池芳文、竹内栖鳳、山元春挙、上村松園ら、近世から近代へ引き継がれた系譜を展覧。

重要文化財12件を含め、約120点(東西開催合わせて)を紹介する。

展覧会の目玉は、円山応挙最晩年の最高傑作とされる兵庫・大乗寺の襖絵。「松に孔雀図」「郭子儀図」など客殿の作品を中心に、再現展示が行われる。

展覧会は以下の4つの構成となる
 「すべては応挙にはじまる。」
 「山、川、滝。自然を写す。」
 「美人、仙人。物語を紡ぐ。」
 「孔雀、虎、犬。命を描く。」

展覧会「円山応挙から近代京都画壇へ」は、東京藝術大学大学美術館で2019年8月3日(土)〜9月29日(日)、京都国立近代美術館で11月2日(土)〜12月15日(日)に開催。東京展・京都展とも前期後期で大幅に展示替えされる。

一般1,500円(1,200円) 高校・大学生1,000円(700円) (中学生以下は無料)

東京展の観覧料は当日券が一般 1,500円など。前売(一般 1,300円)は6月10日(月)から発売。早割ペア券(2枚セット 2,400円)は5月10日(金)から、「応挙てぬぐい」が付いたグッズセット券(2,000円)は6月10日(月)から発売。
 



インターネットミュージアム アルバイト募集中
取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
太田記念美術館「江戸の凸凹
江戸の凸凹
鎌倉文学館「三島由紀夫「豊饒の海」のススメ」'
豊饒の海のススメ
神奈川県立歴史博物館「横浜開港160年 横浜浮世絵」'
「横浜浮世絵」展
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
根津美術館「はじめての古美術鑑賞
絵画のテーマ
Bunkamura
バレルcol.
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
横須賀美術館「縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展」'
スケール展
横浜美術館「Meet the Collection ― アートと人と、美術館」
[エリアレポート]
アートと人と美術館
愛知県美術館「アイチアートクロニクル1919-2019」
[エリアレポート]
アイチクロニクル
豊田市美術館「世界を開くのは誰だ?」
[エリアレポート]
世界を開くのは
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 松方コレクション展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道
日本画「青・蒼・碧」展 ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー 江戸の凸凹 ― 高低差を歩く ゴッホ展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社