インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  ニュース  >  日本初のバスキア展、六本木で今秋開催

ニュース

日本初のバスキア展、六本木で今秋開催
(掲載日時:2019年05月27日)
バスキアの大型展、六本木で今秋開催

1980年代に活躍したアメリカの画家、ジャン=ミシェル・バスキア(1960-1988)を、日本で初めて大規模に紹介する展覧会が開催される事となり、2019年5月27日(月)、都内で記者発表が行われた。

バスキアはニューヨーク生まれの黒人アーティスト。父はハイチ人、母はプエルトリコ出身。1980年のグループ展「タイムズ・スクエア・ショウ」で絵画を初めて展示。1981年にはイタリアで初個展を開催、翌年にはニューヨークで個展を開催し、評価を確立。経済的にも成功を収めた。歌手のマドンナと、一時期同棲していた事もある。

アンディ・ウォーホル、キース・ヘリングらと交流を深め、わずか10年の活動期間に2,000点を超すドローイングと1,000点以上の絵画作品を残したが、薬物中毒のため1988年に27歳で死去している。

あまり知られていないが、日本との関連では、バスキア本人が3度にわたって来日しているだけでなく、作品に「YEN」の文字を取り入れるなど、創作活動においても関係は深い。近年ではZOZO創業者の前澤友作氏が、オークションでバスキア作品を高額で落札した事でも知られている。

今回の展覧会は、日本で初めて本格的にバスキアを紹介するもの。

バスキア研究の世界的権威ディーター・ブッフハート氏がキュレーションし、バスキアと日本との多方面にわたる絆、そして日本の豊かな歴史や文化がその創作に及ぼした知られざる影響を明らかにする。

出展作品は、世界各地から集めた絵画やオブジェ、ドローイング、立体、映像作品などで、当初発表されていた約80点から大幅に増え、約130点。前澤友作氏が2017年に約123億円で落札した作品も出展される。日本側監修は神戸大学教授・美術史家の宮下規久朗氏が務める。

音声ガイドナビゲーターには、女優の吉岡里帆さんが就任。展覧会にはしばしば足を運び、ミュージアムでは「京都文化博物館や、DIC川村記念美術館」が好きという吉岡さんだが、展覧会の音声ガイドを務めるのは初めて。「バスキアは短い生涯だが多くの作品を残し、今でも多くの人に愛されている素敵なアーティスト。作品に触れると、身体中からエネルギーが満ち溢れるよう。丁寧にガイドをしていきたい」と展覧会をPRした。

「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」は森アーツセンターギャラリーで2019年9月21日(土)~11月17日(日)に開催。

入館料は、当日券が一般 2,100円、高校・大学生が 1,600円、小・中学生が 1,100円。来場者は全員、吉岡里帆さんによる音声ガイドが楽しめる他、来場した人は会期中に二回目の来場が可能になる(二回目の来場は平日の17時以降のみ)。

それぞれ200円引きの前売り券、早割ペアチケット(2枚で3,000円)、図録付チケット(4,500円)などは、5月28日(火) 10:00~ 販売開始。


 
「バスキア展」のチケットはこちらiconicon

 



取材レポート
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
カラヴァッジョ展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社