インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  伝説の劇画師 植木金矢展

伝説の劇画師 植木金矢展

■90歳の伝説的劇画師、初の本格展
【会期終了】 戦後の混乱が残る昭和28年に発表された、チャンバラ時代活劇「風雲鞍馬秘帖」。それまでの絵物語でも漫画でもない、全く新しい構成は、当時の少年たちのハートをつかんで大ヒットしました。90歳の伝説的劇画師、植木金矢さんの初の本格的展覧会です。
植木金矢さんは大正10年生まれ。子どもの頃から挿絵画家に憧れていましたが、長男だったためにその夢をかなえることは容易ではありませんでした。

鋳物工場で働いた後に出征、中国で終戦を迎え、捕虜生活の後に昭和21年に復員しました。ちなみに、出征した世代の漫画家といえば水木しげるさんが知られていますが、植木さんは水木さんより1歳年長です。


1階の展示。大ヒットした「風雲鞍馬秘帖」など

挿絵画家の道を諦められなかった植木さん。昭和25年ごろに出版社めぐりをしたところ学芸出版に採用され、挿絵画家としてデビューします。その絵は「痛快ブック」の編集長の目にとまり、チャンバラ時代活劇「風雲鞍馬秘帖」を発表。一躍大ヒット漫画家となりました。


2階の展示。植木金矢の忠臣蔵の世界。

実は植木金矢さんは、美術学校や絵の先生に師事したことは一度もなく、全て独学です。アラカンこと嵐寛寿郎、市川右太衛門、片岡千恵蔵ら、銀幕の時代劇スターの似顔絵で物語を描いた植木さん。臨場感あふれる立ち回りは、綿密なデッサンの積み重ねによるものでしょう。武士や江戸の娘を描いたデッサン帖が目をひきます。


デッサン

1966年には青年劇画の世界へも進出。人の世の無情と不条理を描いていますが、作品はあくまでも正義を追求したものばかり。描かれるのは豪快な活劇ですが、ご本人は誠実で真面目なお人柄。作風にも反映されているようです。


青年劇画への進出

近年は日本画にも挑戦、こちらも独学です。さらに、「このために生かされているのと感じた」という使命感から原爆の絵画を手がけるなど、さらに活動の場を広げています。劇画も2004年から再び描きはじめし、現在でも年一回程のペースで新作を発表し続けています。

まさに「伝説の劇画師」と呼ぶにふさわしい存在。会場には当時を懐かしむ世代のほか若い世代も多く来ているそうで、関心は年代を超えて広がっています。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2012年1月24日 ]

劇画師伝説: 昭和の天才劇画家・植木金矢の世界

松本品子 (編集)

国書刊行会
¥ 2,940

 
会場弥生美術館
開催期間2012年1月3日(火)~4月1日(日)
所在地 東京都文京区弥生2-4-3
TEL : 03-3812-0012
HP : http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/
展覧会詳細へ 伝説の劇画師 植木金矢展 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社