インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  イケムラレイコ 土と星 Our Planet

イケムラレイコ 土と星 Our Planet

■16セクションの大規模展
【会期終了】 ヨーロッパを拠点に活動するアーティスト、イケムラレイコ。絵画、彫刻、写真など多彩な手法で構築した独自の世界は、国際的にも高く評価されています。約210点の作品を16のセクションで紹介する展覧会が、国立新美術館で開催中です
イケムラレイコは三重県津市生まれ。1970年代にスペインに渡り、スイスで美術家としての活動をスタート。80年代前半にドイツのケルンに移り、現在はベルリンを拠点に活動しています。

イケムラの大規模展は、2011年に東京と三重で開かれていますが、今回は天井高の高い国立新美術館で、2000平米の展示室に加えて野外展示場も使用。過去最大規模の個展になりました。

会場はテーマ別に、16セクションで構成されています。展示そのものもインスタレーションという位置づけで、セクションによって作品の見せ方が異なります。展示デザインは建築家で、イケムラのパートナーでもあるフィリップ・フォン・マットが担当しました。

まず目に留まるのが、セクション 3「有機と無機」の彫刻。イケムラは80年代末から粘土の彫刻を手掛けています。不思議なかたちの人や動物、建物など。イケムラにとって彫刻は、絵画やドローイングと並ぶ主要な作品群です。



セクション 5の「少女」には、ぼんやりとしたシルエットで描かれた少女が、伏せていたり、猫を抱いていたり。成熟への不安や、大人への目覚めが感じとれます。90年代のイケムラを代表する作品です。

高さが3メートルを超える巨大な彫刻は、セクション 8の「うさぎ観音」。東日本大震災を経て、人々への祈りを形にしました。人が入れそうな内部の空洞は、胎内をイメージさせます。

セクション 14「メイント・モリ」は、「死を思え」という意味のラテン語です。朽ちて自然に還りつつある、女性の亡骸の彫刻。生命の循環は、展覧会を通したテーマでもあります。

セクション 15「コスミックスケープ」は、新しい作品です。2010年代からイケムラは、大画面の山水画を描いています。最新作《うねりの春》は、明るい色彩で命の芽生えを表しました。

イメージが繋がっていくような構成で、各所にイケムラによる言葉も記されています。空間構成が作品の世界観を的確に支えており、現代美術に不慣れな方も、見る方それぞれの感性で楽しめると思います。

展覧会はスイスのバーゼル美術館との共同企画。東京展を再構成し、5月11日(土)~9月1日(日)にはバーゼル美術館に巡回します。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年1月17日 ]

イケムラレイコ 土と星 Our Planetイケムラレイコ 土と星 Our Planet

イケムラレイコ(著),国立新美術館(監修)

求龍堂
¥ 3,200

 
会場国立新美術館
開催期間2019年1月18日(金)~4月1日(月)
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.nact.jp/exhibition_special/2018/Ikemura2019/
展覧会詳細へ イケムラレイコ 土と星 Our Planet 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社