インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  メスキータ

メスキータ

■エッシャーの師、日本初の大回顧展
【会期終了】 19世紀から20世紀にかけて活躍したオランダのアーティスト、サミュエル・イェスルン・デ・メスキータ(1868-1944)。エッシャーに大きな影響を与えましたが、その最期は悲劇的でした。日本で初めての回顧展が東京ステーションギャラリーで開催中です。
「M.C.エッシャーの師」という取り上げられ方が多いメスキータ。エッシャーの関連作品としての展示はありますが、今回は正真正銘、メスキータを主役に据えた大規模展です。

メスキータはアムステルダム生まれ。国立美術アカデミーを受験するも不合格となり、結局、国立師範学校で美術教育の資格を取りました。

初期は油彩や水彩を描きましたが、1890年頃からエッチングやリトグラフ、木版画などの版画も手掛けるように。とりわけ得意にした木版画が、後にエッシャーに影響を与える事となります。

展覧会のメインビジュアル《ヤープ・イェスルン・デ・メスキータの肖像》は、息子を描いた作品。他に自画像も数多く並びます。メスキータは生涯を通じて自画像を手掛けています。

1902年にハールレムの応用美術学校の教師になったメスキータ。エッシャーはここでメスキータの教えを受けました。特にエッシャーの初期作品には、メスキータの影響が強く見て取れます。



本展の特徴のひとつが、ステート違いの作品を展示している事。版画の制作では、工程の段階ごとに試刷りをしていくため、最初の試刷りが第1ステート。以後、最終ステートまで番号が増えていきます。ステートを追う事で、創作のプロセスが楽しめます。

例えば《ユリ》は、第5ステートまで進みました。ベタの背景に線が加わり、人物も増えるなど、大きく変化している事が分かります。

メスキータは木版画制作の中で、しばしば対象を幾何学的に構成する事があります。《鹿》は顕著な例で、角は三角形に。鹿のフォルムもデザイン性が高くなっています。

版画は綿密に計算しながら制作を進めるメスキータですが、ドローイングは真逆です。本人いわく「まったく意図していない無意識の表れ」で、現実と空想が入り混じったような作品を数多く描いています。

会場には、メスキータが表紙のデザインを担当した建築と美術の雑誌『ウェンディンゲン』も並びます。表紙は1920年代のさまざまなスタイルの作家がデザインを手掛け、メスキータは計9回担当。うち2回は、メスキータ自身の特集でした。

高齢になっても精力的に活動を続けたメスキータですが、その晩年は暗黒の時代と重なってしまいます。1940年、ドイツはオランダを占領。ユダヤ人であるメスキータは1944年に逮捕され、アウシュビッツで75歳の生涯を閉じました。

師の悲報を嘆いたエッシャーは、いちはやくメスキータの作品を保護。終戦後すぐにメスキータの展覧会も開催しています。今日までメスキータ作品が残っているのは、エッシャーの尽力があったからこそです。

東京ステーションギャラリーから始まった巡回展。東京展の後は千葉、兵庫、栃木、福島と進みます。会場と会期はこちらです

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年6月28日 ]


 
会場東京ステーションギャラリー
開催期間2019年6月29日(土)~8月18日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前
TEL : 03-3212-2485
HP : http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
展覧会詳細へ メスキータ 詳細情報
取材レポート
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
根津美術館「江戸の茶の湯
江戸の茶の湯
東京国立博物館
人、神、自然
出光美術館
やきもの入門
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
Bunkamura
リヒテンシュタイン
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」
カラヴァッジョ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
11/29 10時 投票スタート!
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社