インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  マウリッツハイス美術館展

マウリッツハイス美術館展

■フェルメール「真珠の耳飾りの少女」、ついに来日
【会期終了】 東京都美術館のリニューアルオープン後第一弾の特別展は、オランダ・ハーグのマウリッツハイス美術館展から。フェルメール・イヤーともいえる本年、最大の目玉がいよいよ公開されました。
マウリッツハイスは、オランダ語で「マウリッツ邸」の意。公式名称は「王立絵画陳列室マウリッツハイス」です。美術館としての規模は決して大きくありませんが、17世紀のオランダ・フランドル絵画の優品を中心としたコレクションの質の高さには定評があります。


第1章 美術館の歴史

展覧会は6章構成です

 第1章 美術館の歴史
 第2章 風景画
 第3章 歴史画(物語画)
 第4章 肖像画と「トローニー」
 第5章 静物画
 第6章 風俗画

動線は地下1階から入り、1階、2階へと進む流れです。4月にリニューアルした東京都美術館は上下階への移動がスムーズになったことが、目玉のひとつ。上に向かうエスカレーターで、期待感が高まります。


第2章 風景画

お目当ての《真珠の耳飾りの少女》はエスカレーターをひとつ上がった先。1階の第4章です。



第4章 肖像画と「トローニー」。この奥です

その視線に吸い込まれるようです


東洋をイメージさせる青いターバン、口許に表現されたわずかな光の照り返し…。フェルメールブームの中で広くとりあげられている作品なので、44.5×39cmの絵は小ぶりに感じるかもしれませんが、その存在感は圧倒的です。

17世紀のオランダは風俗画、風景画、静物画などが好まれ、レンブラントやフェルメールが腕を競った絵画の黄金時代。一方のフランドル地方(現在のベルギー)は宗教画も勢力を保ち、ルーベンスやヴァン・ダイクが活躍しました。

あけっぴろげな笑顔が印象的なフランス・ハルスの《笑う少年》の奥には、最晩年の《自画像》など一挙6点が出展されているレンブラントがずらり。《真珠の耳飾りの少女》の後も贅沢な展示が続きます。


第4章 肖像画と「トローニー」


第5章 静物画

《真珠の耳飾りの少女》は1984年、2000年に次いで3回目の来日ですが、前回は大阪だけの開催だったため、東京での展示は28年ぶり。大きな人気を呼ぶと思われますが、これは見逃すわけにはいきません。8月1日(水)、8日(水)、22日(水)、29日(水)の4日間限定ですが、入場者数制限付きのプレミアム夜間鑑賞会も開催されます。

会期後は関西に巡回。神戸市立博物館で2012年9月29日(土)~2013年1月6日(日)に開催されます。(取材:2012年6月29日)

※作品全てマウリッツハイス美術館蔵

マウリッツハイス美術館展: 公式ガイドブック

朝日新聞出版 (編集)

朝日新聞出版
¥ 1,365

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

会場東京都美術館
開催期間2012年6月30日(土)~9月17日(月・祝)
所在地 東京都台東区上野公園8-36
TEL : 03-35777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.asahi.com/mauritshuis2012/
展覧会詳細へ マウリッツハイス美術館展 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社