インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  近江路の神と仏 名宝展

近江路の神と仏 名宝展

■仏像好き必見、仏画ビギナーも大歓迎
【会期終了】 古くからの交通の要衝だった近江。都に近いこの地は早くから文化が開け、仏教、神道に関わる資料も一級品が目白押しです。仏像好きにも仏画ビギナーにもオススメできる特別展が三井記念美術館で始まりました。
「国宝・重文の指定件数で全国4位」という、あまり知られていない実力を持つ滋賀県。近江の名宝展が東京で開催されるのも、実は今回が初めてです。

会場の冒頭は小さな金銅仏の展示から始まります。照度を落とした展示室に小さな仏像が浮かび上がるさまは、トーハクの法隆寺宝物館のような雰囲気です。

奥に進むと金工品も登場します。西明寺から出品されている密教法具は、修行者が一定の地位に上がる際に行われる儀式で使うもの。密教独特の神秘的な形が特徴的です。


《金銅密教法具》西明寺

なんといっても本展最大の目玉は、この展示室4でしょう。三方の壁面ケースに23体の仏像が並ぶさまは神々しいほどです(仏像の数は展示期間によって異なります)。

仏像は大型のものが多く、一番大きいものは人の背丈ほど。さらに展示品の大部分は国・県・市指定の文化財という豪華さです。もちろん指定の有無=作品の優劣とは限りませんが、これだけの仏像が一度に東京に移動して滋賀県の観光は大丈夫なんでしょうか、といらぬ心配まで頭をよぎります。


仏像が並ぶ展示室4

仏像は金色の輝きが残る千手観音、現在とはだいぶイメージが違う大黒天、迫力のある毘沙門天や広目天など、その顔つきやポーズもさまざま。見る方の好みに応じて楽しむことができるでしょう。

筆者のイチオシは、こちらの重文《地蔵菩薩立像 栄快作》。近江八幡市の長命寺の所蔵で、鎌倉時代1254年の造像です。光背(仏像の背部にある後光の部分)が残っており、慈悲深い表情と佇まいが印象に残りました。


重文《地蔵菩薩立像 栄快作》長命寺

最後の展示室7は仏画です。仏画は、もちろん宗教画。その意図はなんとなく分かっていても、絵の意味をきちっと理解するとさらに楽しめることは言うまでもありません。

そこで特筆しておきたいのが、本展で購入できるガイドブック「イラストで図解 仏画」(300円)です。16ページの小冊子ですが、これがあなどるなかれ。神奈川県立金沢文庫主任学芸員の向坂卓也さんによる達者なイラストと解説で、「両界曼荼羅」「阿弥陀来迎図」などの難解な仏教の世界が楽しく紹介されてます。仏教なので難しい漢字が多いのですが、嬉しいことに総ルビ入り。小学校高学年ぐらいからならこどもでも楽しめそうです。


展示室7には仏画の数々

また今回は関連展示として、美術館が入っている日本橋三井タワーの1階アトリウムで、滋賀県と滋賀県立琵琶湖文化館が主催する写真パネル展「水と神と仏の近江」も開催中です(9月23日(日)まで)。こちらは入場無料、展覧会にお越しの際には同時にお楽しみください。(取材:2012年9月7日)

仏像ワンダーランド京都 滋賀

 

ジェイティビィパブリッシング
¥ 1,050

 
会場三井記念美術館
開催期間2012年9月8日(土)~11月25日(日)
所在地 東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階
TEL : 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
HP : http://www.mitsui-museum.jp/
展覧会詳細へ 近江路の神と仏 名宝展 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社