インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  アントニオ・ロペス展

アントニオ・ロペス展

■スペインの巨星、待望の初来日
【会期終了】 現在のスペイン美術を代表する美術家、アントニオ・ロペス。欧米では高い評価が確立していますが、日本のみならず東洋での個展は初めて。待望といえる展覧会がBunkamura ザ・ミュージアムで開催中です。
アントニオ・ロペスは1936年生まれ、今年で77歳になります。日本では20年ほど前にロペス自身が出演する映画「マルメロの陽光」が公開されたため、覚えている方もいるかもしれません。筆者はマドリード・リアリズムの異才、磯江毅の流れから、その名前を知った記憶があります。

本展は、初期の美術学校時代から近年までに手がけた油彩、素描、彫刻の各ジャンルの代表作を厳選した展覧会です。全64点を7章に分けて紹介していきます。

第1章 : 故郷
第2章 : 家族
第3章 : 静物
第4章 : 植物
第5章 : 室内
第6章 : マドリード
第7章 : 人体

ロペスの絵画を見ていくと、とても制作期間が長い作品があることに気づきます。たとえば、長崎県美術館が所蔵している《フランシスコ・カレテロ》の制作は、1961年から87年までと、実に四半世紀。当初は小品の肖像画として描いたものですが、モデルであるカレテロの死を機に、支持体を継ぎ足して現在の大きさにしたものです。

ロペスは14歳から美術学校で学び、60年余りも絶え間なく作品を制作していますが、キャリアの長さに比べて作品が多くないのは、このような制作スタイルを通しているためです。同じように画面を継ぎ足している絵画は、「室内」や「マドリード」の章の作品にも見られます。

本展のメインビジュアルになっている愛らしい少女は《マリアの肖像》。アントニオ・ロペスの長女マリアが9歳の時の肖像です。大きな瞳、きゅっと結んだ口元。見事なコートの質感も印象的ですが、なんとこの作品は鉛筆による素描です。ロペスにとって素描は油彩の下書きではなく、独立したひとつの表現スタイルだということが良く分かります。

もう一点のメインビジュアルで、ポスターなどに使われている風景画は《グラン・ビア》。マドリード随一の目抜き通りを描いたこの油彩は、ロペスの最も良く知られた作品のひとつです。ロペスは毎日早朝に地下鉄で現地に通い、20~30分ずつ制作。7年間にわたって、同じ場所にイーゼルを立て続けました。グラン・ビアはロペスにとって大きなテーマであり、2008年から新たなグラン・ビアの連作を制作、現在も続けられています。

残念ながらいつもの動画による会場紹介はできませんが、「リアリズム」の一言では説明できない圧倒的な存在感です。開幕前からネットでも期待の声が多く見られましたが、前評判どおり。大作が多いこともあり、見ごたえたっぷりの展覧会です。

なお本展は巡回展で、長崎県美術館で2013年6月29日(土)~8月25日(日)、岩手県立美術館で2013年9月7日(土)~10月27日(日)に開催されます。(取材:2013年4月26日)

アントニオ・ロペス 創造の軌跡

木下 亮 (著)

中央公論新社
¥ 1,680

料金一般当日:1,400円
 → チケットのお求めはお出かけ前に
icon

 
会場Bunkamura ザ・ミュージアム
開催期間2013年4月27日(土)~6月16日(日)
所在地 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.antonio-lopez.jp/
展覧会詳細へ アントニオ・ロペス展 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
江戸東京博物館「士
士 サムライ
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 大観・春草・玉堂・龍子 ― 日本画のパイオニア ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 秋季特別展「名場面」 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 秋季企画展「技と造形の縄文世界」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社