インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展 医は仁術

特別展 医は仁術

■首なし解剖図の理由は?
【会期終了】 世界最先端と評価されている日本の医学・医療。その原点は、江戸時代にありました。儒教で重んじられた、他を想う心=“仁”が育んだ日本の医を、国立科学博物館で振り返ります。
展覧会は序章のタイムスリップシアターから。TBSドラマ「JIN -仁-」に出演した俳優の大沢たかおさんによる案内の後に、本会場に進んでいきます。

 第1章 病はいつの時代も、身分の貴賤なく、人々を襲う。
 第2章 東から西から~医術の伝来
 第3章 医は仁術~和魂漢才・和魂洋才の医
 第4章 近代医学と仁
 第5章 現代の医

日本の医術は、渡海した僧などによる中国からの伝来と、南蛮人による西洋からの伝来が融合したもの。安定した社会だった江戸時代の日本では、医の知識は一部の人が独占するのではなく、社会全体に広まっていきました。


西洋からもたらされた解剖書や、薬看板など

会場には、多数の解剖絵図が紹介されています。

西洋の解剖図には、人体がポーズをとった姿で骨格や筋肉が解説されるスタイルが多く見られますが、江戸時代の解剖絵図は頭がなく、身体だけが地面に横たわっているのが一般的です。これは、斬首された刑死体を解剖しているためです。

「東門先生観臓図鑑」も、胴体だけの観臓(解剖)図です。まだ大腸と小腸が区別されていないなど、稚拙な面も見られます。


「東門先生観臓図鑑」

大小の立体的な人形類も目をひきます。

茶色の骨格標本は、木で作られた「奥田木骨」。「胎児模型」は、明治初期の産婆(助産婦)教育用です。現存する唯一の医学生き人形「五臓六腑生き人形」は、薬屋の看板や見世物に使われたと思われます。

男女が交換できる人体・内臓模型「解体人形」は、なんと信濃国(長野県)の農民が作ったもの。解体新書の刊行から日が経つと、山村の農民にまで解剖の知識は広まっていたのです。


順に「奥田木骨」「胎児模型」「生き人形」「解体人形」

江戸時代も今でも、医術は「可視化」がキーワード。第5章では、最先端の技術を用いた現代医学が紹介されています。

壁面で紹介されている臓器モデルは、実際の患者からCTスキャンした画像データをもとに、3Dプリンターで作成したもの。医師は患者の状態を目で確認しながら、事前に手術をシミュレーションすることが可能です。

イベントで使われるプロジェクションマッピングは、外科手術や医療教育にも活用されています。展覧会ではその技術を応用、実在の人物のCTデータで作成した映像を等身大の模型にマッピングし、人体の仕組みを説明しています。


第5章「現代の医」

エンディングの映像シアターでは、鉄拳さんによるオリジナル描きおろし「パラパラ漫画」も上演中。図録も楽しいデザインですので、ぜひ会場でご確認ください。背表紙が無い和装本のスタイルです。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年3月14日 ]

新装版 解体新書

杉田 玄白 (翻訳), 酒井 シヅ (翻訳)

講談社
¥ 840

料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場国立科学博物館
開催期間2014年3月15日(土)~6月15日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://ihajin.jp/
展覧会詳細へ 特別展 医は仁術 詳細情報
取材レポート
東京藝術大学大学美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」'
応挙から京都画壇
太田記念美術館「生誕250年記念 歌川豊国
歌川豊国
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
国立西洋美術館「松方コレクション展」
松方コレクション展
東京国立近代美術館「高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの」
高畑勲
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
Bunkamura ザ・ミュージアム「みんなのミュシャ」
みんなのミュシャ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン
M.フォルチュニ
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
パナソニック汐留美術館「マイセン動物園展」
マイセン動物園展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
エリアレポート 京都国立近代美術館「ドレス・コード?―― 着る人たちのゲーム」
[エリアレポート]
ドレス・コード?
エリアレポート 豊田市美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」
[エリアレポート]
クリムト
エリアレポート 東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」
[エリアレポート]
ジュリアン・オピー
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「みんなのレオ・レオーニ展」
[エリアレポート]
レオ・レオーニ展
大阪市立東洋陶磁美術館「フィンランド陶芸+マリメッコスピリッツ」
[エリアレポート]
フィンランド陶芸
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 奥の細道330年 芭蕉 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社