インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  没後五〇年 松林桂月展 ─ 水墨を極め、画中に詠う

没後五〇年 松林桂月展 ─ 水墨を極め、画中に詠う

■抒情を極めた「最後の南画家」
【会期終了】 山口・萩出身の日本画家、松林桂月(まつばやしけいげつ 1876-1963)。没後50年を迎え、久しぶりの大規模な回顧展が練馬区立美術館で開催中です。
詩・書・画全てに優れ、水墨画を極めた松林桂月。1958年には文化勲章を受賞するなど、その力量は折り紙つきですが、近年はその歩みを通覧する機会がありませんでした。

本展は、没後50年となる昨年から始まった巡回展。山口県立美術館田原市博物館と進み、東京に巡回してきました。


冒頭の写真は1959(昭和34)年頃、84歳の松林桂月

会場は3章構成。第1章では若き日の桂月の作品とともに、師である野口幽谷(渡辺崋山の孫弟子)と、妻であり同門の妹弟子の松林孝子(雪貞)の作品も紹介されます。

幼い頃から絵を好むとともに、読書や漢詩にも早くから親しんでいた桂月。野口幽谷に南画を学ぶと、その才能を開花させていきます。


第1章「松林桂月の学画 ─ 師、野口幽谷と妻、松林雪貞 ─」

第2章は1919(大正8)年から終戦まで。1898年(明治31)に幽谷が没すると、桂月はほぼ独学で絵の道を極めていきました。

多くの展覧会で受賞を重ねていった桂月。帝展審査員、帝国美術院会員、帝室技芸員と、日本画壇の旧派を代表する存在として活躍を続けます。

展覧会のメインビジュアルになっているのが、太平洋戦争開戦の2年前にニューヨークで開かれた万博に出品された《春宵花影》(展示は5/11まで)。朧月夜の桜を叙情豊かに描いたこの作品は、日米両国で絶賛されました。


第2章「松林桂月の画風確立 ─ 水墨・着色・山水・花鳥への挑戦 ─」 松林桂月《春宵花影》東京国立近代美術館蔵

下絵ながら迫力のある大画面が《伏見鳥羽戦 大下図》。明治天皇の一代記を伝えるため、当時の日本画家・洋画家が80図を描いた企画で、桂月は伏見鳥羽戦を担当しました。

何枚もの紙を上貼りして兵隊の姿を微修正しており、入念な準備の跡が窺えます。ちなみに桂月は皇室崇敬の念が強い人物で、戦時中も「陛下が疎開されぬなら」と、自らも疎開しませんでした。


松林桂月《伏見鳥羽戦 大下図》

第3章では戦後から晩年までの作品が紹介されます。

横山大観や川合玉堂、鏑木清方などの有力作家が疎開で東京を離れていた中、前述のように東京に留まっていた桂月は、終戦半年後に開催された日展の開催に奔走。審査主任として展覧会を取り仕切り、見事成功させています。

ただ、時代ともに漢詩の理解者が減り続けたこともあり、桂月が生涯をかけて取り組んだ南画の地位も低下してしまいます。

門人にも南画を薦める事はなくなりましたが、自らはあくまでも水墨を主体とした作品に詩を加え、「詩書画三絶」をめざし続けました。


第3章「松林桂月の戦後とその活動 ─ 最後の南画家として ─」

晩年は画壇の長老格として、日展の運営でも奮闘した桂月。1963(昭和38)年に88歳で死去した「最後の南画家」の告別式には、数千人が訪れたといいます。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年4月15日 ]

TOKYO美術館 2014-2015

 

エイ出版社
¥ 1,026

 
会場練馬区立美術館
開催期間2014年4月13日(日)~6月8日(日)
所在地 東京都練馬区貫井1-36-16
TEL : 03-3577-1821
HP : http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/
展覧会詳細へ 没後五〇年 松林桂月展 ─ 水墨を極め、画中に詠う 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社