インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ヒカリ展 光のふしぎ、未知の輝きに迫る!

ヒカリ展 光のふしぎ、未知の輝きに迫る!

■光のメモリアル・イヤーに、「光る花」が世界初公開
【会期終了】 とても身近な存在でありながら、その実態が分かりにくい「光」。宇宙・地球・人をキーワードに、光の不思議な世界を紹介する展覧会が、国立科学博物館ではじまりました。
人々は古代から光の謎を解き明かそうとしてきましたが、その実態が分かったのはわずか100年ほど前。光の科学と研究はそれから急激に進歩し、今年10月に3人の日本人研究者が「青色LEDの発明と実用化」でノーベル賞を受賞した事も記憶に新しいと思います。

本展は電波や赤外線、紫外線、X線など目に見えない光も含めて、総合的に光の世界を紹介する企画。3Dシアターでのオーロラ映像や豊富な実物展示、そして世界初公開となる「光る花」など、見どころたっぷりの特別展です。


会場入口から

まずご紹介したいのは、蛍光する鉱石標本群。46億年の地球の活動で生まれた鉱物の中には、紫外線を当てると美しい蛍光を発するものがあります。

本展では貴重な蛍光鉱物60点を一堂に紹介。珪亜鉛鉱、ルビー、方解石、蛍石、オパールなど、色も光り方もさまざま。自然光のもとでは地味な鉱物が、照明を消すと不思議な光を発します。


鉱物の光

2008年にノーベル化学賞を受賞した下村脩博士が発見した蛍光タンパク質(GFP)。これを応用した成果として紹介されているのが「光るシルク」です。

GFPの遺伝子を含むDNA溶液をカイコの卵に注射する事で、全身が緑色に光るカイコを開発。光る繭、光るシルクと開発は進み、十二単風の舞台衣装が制作されました。会場の衣装は、鮮やかな緑色やオレンジの光を発しています。


光るカイコと、光るシルク

そして本展の目玉が「光る花」。トレニア(和名:夏スミレ)に海洋プランクトンの蛍光タンパク質を組み合わせて開発しました。

最新の遺伝子発現ツールにより、蛍光タンパク質を多量に蓄積。なんとドライフラワーや樹脂の標本にしても蛍光が失われません。


光る花は、中央のめしべが特に強く光ります

実は展覧会会期中の2014~2015年は、光に関するメモリアル・イヤー。イスラム研究者のイブン・アル=ハイサムが光の研究をまとめたのが、ちょうど1000年前(1015年)。450年前(1564年)にはガリレオ・ガリレイが誕生。150年前(1865年)にはマクスウェルが「光は電磁波である」と発表しています。

記念すべき光の年に、ヒカリ展。読み応えたっぷりの図録も、あわせてお楽しみください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年10月27日 ]


料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場国立科学博物館
開催期間2014年10月28日(火)~2015年2月22日(日)
所在地 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://hikari.exhn.jp/
展覧会詳細へ ヒカリ展 光のふしぎ、未知の輝きに迫る! 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社