インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  鳥獣戯画 ─ 京都 高山寺の至宝 ─

鳥獣戯画 ─ 京都 高山寺の至宝 ─

■国宝4巻+断簡5幅が集結
【会期終了】 どんなに美術に疎い人でも、これを知らない人はおそらくいないと思います。墨線のみで動物や人物たちを躍動的に描いた国宝・鳥獣人物戯画、熱狂的な京都での公開を経て、いよいよ東京展が始まりました。
2009年から4年がかりで解体修理されてきた国宝・鳥獣人物戯画4巻(甲・乙・丙・丁)。今回は修理後初の東京でのお披露目であると同時に、断簡(鳥獣戯画が現在に伝わる過程で、切り分けて掛軸に仕立て直されたもの)5幅も展示。現存する鳥獣戯画すべてが見られる機会は、おそらく初めてです。

国宝の4巻が伝わったのは、京都・高山寺(こうさんじ)。まず展覧会は、高山寺に伝来する寺宝から紹介していきます。

奈良時代に創建されたと伝わる高山寺。学問寺として発展し、多くの美術作品が伝えられました。特に目をひくのは愛らしい動物彫刻。鹿や馬、仔犬は、いずれも鎌倉時代の作です。


第1章「高山寺伝来の至宝」

高山寺を中興したのが、明恵(みょうえ)上人。寺域を後鳥羽上皇から賜り、名を高山寺と号したのも明恵です。

自らに厳しい修行を課すとともに、多くの後進を育てた明恵。承久の乱で身寄りを失った女性たちを保護するなど、実践的な宗教活動は多くの人びとに慕われました。

寺外で制作され、高山寺に持ち込まれたと考えられている鳥獣戯画。高山寺を大きく発展させた明恵がいなければ、鳥獣戯画がこの寺に伝わる事もありませんでした。


第2章「高山寺中興の祖 明恵上人」

高山寺の国宝絵巻といえば、もちろん鳥獣戯画ですが、実はもう1点。それがこちらの《華厳宗祖師絵伝》(華国縁起:けごんえんぎ)です。

新羅国の華厳宗の祖、義湘(ぎしょう:625~702)と元暁(がんぎょう:618~686)の事蹟を描いたもので、それぞれ義湘絵と元暁絵と呼ばれます。

義湘も元暁も明恵が慕った華厳宗の先学で、男性僧侶の徳とともに世俗女性の信心や救済を説くストーリー。華厳宗祖師絵伝は、新羅の祖師に明恵をなぞらえるように作られたのかもしれません。


国宝《華厳宗祖師絵伝 義湘絵》

お待たせしました。いよいよ鳥獣戯画の登場です。

絵巻の前に断簡が5幅。絵巻では見られない動物の描写もありますので、こちらもじっくりとご覧ください。

絵巻の展示は丁巻からはじまり、続いて丙巻、乙巻、そして甲巻と、一般的な順番とは逆の流れで鑑賞していきます。

新たに導入された有機EL照明の効果もあって、各巻は意外に思えるほど美麗。細かな描線もはっきりと見る事ができます。

描線が太く大らかながら、随所に達者な画力が見て取れる丁巻。前半が人物戯画、後半は動物戯画と場面が全く異なる丙巻。動物図鑑のような様相で、擬人化された動物は登場しない乙巻。兎と蛙が相撲をとる場面などで、最も知名度が高い甲巻。

4巻とも前期で前半部分、後期で後半部分が展示されますが、展示されない部分も原寸大のグラフィックが紹介されていますので、全貌を感じていただけると思います。


第3章「国宝・鳥獣戯画」

京都での反響をみても、かなりの人気になる事は確実。朝イチよりも閉館間際の方が空く傾向がありますので、公式サイトで混雑状況を確認の上、お出かけください。

なお、オリジナルグッズもかなり充実しています。年に200本以上展覧会を取材している筆者ですが、今までで一番散財したかもしれません。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫・川田千沙 / 2015年4月27日 ]

※会期中に展示替えがあります(断簡も一部は前期のみの展示です)
 前期:4月28日(火)~5月17日(日)
 後期:5月19日(火)~6月7日(日)

鳥獣戯画の謎鳥獣戯画の謎

上野 憲示 (監修), 今村 みゑ子 (監修)

宝島社
¥ 1,080

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場東京国立博物館
開催期間2015年4月28日(火)~6月7日(日)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.chojugiga2015.jp/
展覧会詳細へ 鳥獣戯画 ─ 京都 高山寺の至宝 ─ 詳細情報
取材レポート
古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
澄川喜一 そりとむくり'
そりとむくり
目黒区美術館「越境者たち-BEYOND
越境者たち
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
森美術館「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命
未来と芸術
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
21_21
デザイナー達の原画
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京国立近代美術館工芸館「所蔵作品展
パッション20
東京オペラシティ
白髪一雄
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
クラシックホテル展
クラシックホテル
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
モダンデザイン
エリアレポート 神奈川県立近代美術館 鎌倉別館「生誕120年・没後100年 関根正二展」
[エリアレポート]
関根正二
エリアレポート 東京都庭園美術館 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック」
[エリアレポート]
ルネ・ラリック
エリアレポート 兵庫県立美術館 「ゴッホ展」
[エリアレポート]
ゴッホ
エリアレポート 東京ステーションギャラリー「奇蹟の芸術都市バルセロナ」
[エリアレポート]
バルセロナ
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 奇蹟の芸術都市バルセロナ 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 傘寿記念 デヴィ・スカルノ展 わたくしが歩んだ80年
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社