インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  国立科学博物館 地球館(北側部分)リニューアルオープン

国立科学博物館 地球館(北側部分)リニューアルオープン

■進化したカハク
2014年9月から改修工事が進んでいた国立科学博物館、地球館の北側部分が生まれ変わりました。最先端の科学的知見を盛り込んで、幅広い世代が楽しめる定番ミュージアムがさらにパワーアップです。
国立科学博物館の地球館は1999年のオープン。「日本列島の自然と私たち」を展示する日本館に対し、地球館は「地球生命史と人類」について紹介しています。

今回は地球館が開館して初の大規模リニューアル。改修は5フロアに及び、地球館の約3分の1が新しくなりました。

まず地球館の入口にあたる1階には、シンボルゾーン「地球史ナビゲーター」が設けられました。宇宙誕生から現在に至るまでの長い歩みを「宇宙史」「生命史」「人間史」の3つの切り口で紹介し、この場所で地球館全体を俯瞰してもらおうという試みです。

奥に通じるエリアの「海上生物の多様性」、1階展示の最後にあたる「生物多様性の保全」も新しくなりました。


1階

科学技術を展示する2階には、数多くの体験型展示が導入されました。アンテナを動かして電波を受けたり、測定器を使って壁の内部を調べたりと、触って楽しめる装置で光や波、電波について理解する事ができます。

2階の導入部分には、人工衛星から観測した地球に関するさまざまの情報(温度、水蒸気量、地磁気の変動など)が、準リアルタイムで更新される「観測ステーション」も設置。スクリーンに手をかざす事で映像を操作するのは、まるで映画「マイノリティー・リポート」のよう。ちょっといい気分を味わえます。


2階

リニューアルの目玉のひとつが、3階の「親と子のたんけんひろば コンパス」。未就学児と保護者を主な対象にした新しいエリアです。

科博の展示内容はかなりハイレベルですが、実は来館者の1割弱は未就学児でした。そのため、親と子のためのフロアが新設されました。小さな子どもでも博物館や自然科学に親しみを持ってもらえるように、ここでは遊びの要素が取り入れられています。

靴を脱いで上がる室内には、大型遊具のような設備とともに動物の剥製や恐竜の化石を配置。トンネルをくぐったり、吊り橋をわたったりと、身体を動かす中で、トドは真上から、ティラノサウルスは真下からと、普通の展示室では見る事ができない角度から観察する事ができます。

こちらは入室整理券による当日予約制。整理券は1階の地球館インフォメーションで受け取れます。


3階

科博の一番人気といえば、やはり恐竜。恐竜を紹介する地下1階も改修されました。この16年で恐竜の研究は大きく進化しており(多くの恐竜に羽毛が生えていた、鳥類は恐竜の子孫だった、など)、展示内容は最新の研究成果を踏まえたものとなりました。

トリケラトプスの前肢の向きも、従来の説とは違っていた事が、国立科学博物館の研究で判明。その成果に基づいて展示された全身復元骨格は、世界初の「脚の向きが正しいトリケラトプス」という事になります。

ティラノサウルスの後ろ側には、階段で登れるエリアもあります。上から眺める恐竜も迫力満点で、人気撮影スポットになりそうです(科博の館内は撮影可能。ただし一脚・三脚・自撮り棒は使用禁止です)。


地下1階

地下3階では、日本の科学研究にフォーカス。まずは湯川秀樹博士を筆頭に、日本の自然科学系のノーベル賞受賞者を一堂に紹介するコーナーを設けました。研究実績だけでなく人物像が分かるような資料も紹介されており、偉大な科学者の素顔を垣間見る事ができます。

高エネルギー加速器研究機構の施設で実際に使用され、ノーベル賞受賞の「小林=益川理論」を実証した加速器と測定器の実機の中心部分も展示。ビタミンを発見した鈴木梅太郎博士など、日本科学の黎明期を支えた先人たちについても紹介されています。


地下3階

この項で紹介したのはリニューアルされた部分だけですので、実際の地球館はさらに倍以上の展示があり、それに加えて日本館まである国立科学博物館。「子どもの頃に郊外学習で行っただけ」という方は、その変容ぶりに驚かれると思います。長めに時間を取って、ゆっくりとお楽しみください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年6月12日 ]

国立科学博物館のひみつ国立科学博物館のひみつ

成毛 眞 (著), 折原 守 (著)

ブックマン社
¥ 1,944


■国立科学博物館 リニューアル に関するツイート


 
会場国立科学博物館
開催期間2015年7月14日(火)リニューアルオープン
所在地 東京都台東区上野公園7-20
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.kahaku.go.jp/
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社