インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  千葉市開館20周年記念展 初期浮世絵展 ─ 版の力・筆の力 ─

千葉市開館20周年記念展 初期浮世絵展 ─ 版の力・筆の力 ─

■鈴木春信「まで」を紹介
【会期終了】 多色摺りの木版画・錦絵で、浮世絵を大きく発展させた鈴木春信。鈴木春信「から」を紹介する浮世絵展が多い中、鈴木春信「まで」をテーマにした展覧会が、千葉市美術館で開催中です。
洋の東西を問わず、社会が安定すると庶民文化が栄えます。日本では江戸時代に町絵師が登場し、屛風などに描かれていた風俗が浮世絵として発展していきました。

版本に描かれた風俗図は、当初は無款ばかりでしたが、いち早く名前を記したのが千葉県出身の菱川師宣。師宣は浮世絵の始祖として位置付けられます。

師宣の父・菱川吉左衛門は縫箔師でした。本展では、父が刺繍で作った《柿本人磨像》も出展されており、師宣が育った環境が伺えます。

師宣にやや遅れて活躍したのが、杉村治兵衛。丁寧な彩色が残る色っぽい枕絵組物は、特製品として描かれたと考えられます。


プロローグ「浮世の楽しみ ─ 近世初期風俗画」、第1章「菱川師宣と浮世絵の誕生 ─ 江戸自慢の時代」

鳥居清信を祖とする鳥居派。鳥居派は芝居小屋の絵看板のほか、役者絵を中心に一枚絵を数多く作りました。

荒事を演じる役者を描く際に、初期鳥居派が得意としたのが瓢箪足蚯蚓描(ひょうたんあし みみずがき)。瓢箪のように誇張された筋肉と、極端に抑揚をつけた描線で、迫力あふれた表現です。

大英博物館が所蔵する《初代市川団蔵と初代大谷広次の草摺曳》は、清信と同時期に活躍した初代鳥居清倍の作品。版木も出展されており、両者が並ぶのは約半世紀ぶりです。


第2章「荒事の躍動と継承 ─ 初期鳥居派の躍動」

版画の技術が進歩する一方で、逆に肉筆画を主流とする浮世絵師もいました。

懐月堂安度が率いる懐月堂派は、代表的な存在。パターン化された美人図を描く事で、肉筆画を量産していきました。

懐月堂派の活動を伺わせる興味深い資料が《浅草風俗図巻》です。浅草寺に至る仲見世通りの中に、絵を描く様子を見せる店があり、壁には懐月堂派風の美人画が掛かっています。懐月堂派はパフォーマンス性が高い絵師集団だったのかもしれません。


第3章「床の間のヴィーナス ─ 懐月堂派と立美人図」

錦絵誕生以前の浮世絵師の中で、奥村政信は特筆される存在です。版元も兼ねていた政信は才気あふれる人物で、さまざまな表現を生み出しました。

この時期の浮世絵版画は、墨摺に筆で彩色を加えていましたが、政信はそれまでの「丹絵」に対し、鮮やかな紅を用いた「紅絵」を創案。江戸好みの色として、幕末まで使われました。

また、墨に膠をまぜて光沢を出した「漆絵」も制作。斜めにして見ると、今でも光沢が確認できます。

西洋画の遠近法を取り入れた「浮絵」を始めたのも政信です。極端な遠近法を用い、現在の私たちがみると辻褄があわない部分もありますが(逆にそこが魅力でもあります)、当時の人はさぞ驚いた事でしょう。


第4章「浮世絵界のトリックスター ─ 奥村政信の発信力」

さらに時代が進むと、版による彩色も行われるようになります。紅と緑を中心に2~3色を版で刷ったもので、鳥居清広、石川豊信らが優美な作品を描きました。

そして、ついに鈴木春信の登場です。絵暦(年ごとに異なっていた「大小の月」を示すための暦)の交換が流行した時代。富裕層からより華やかな絵暦が求められた結果、錦のように鮮やかな「錦絵」が生まれました。

会場の最後には同じ絵が2つありますが、ひとつは私的な特製の版画(摺物)。もうひとつは依頼者の落款などを削って商品、すなわち錦絵になったもの。こうして生まれた錦絵は、後に世界を魅了していったのです。


第5章「虹色のロマンス ─ 紅摺絵から錦絵へ」

この時期の浮世絵を、ここまでの規模で取り上げる展覧会は前代未聞(おそらく、この後も当分開かれないと思われます)。北斎や広重など、いわゆる「浮世絵の定番」はありませんが、浮世絵好きは見逃すわけにいきません。巡回はなし、千葉市美術館だけでの開催です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年1月14日 ]

浮世絵カレンダー 2016浮世絵カレンダー 2016

アダチ伝統木版画技術保存財団 (監修)

インプレス
¥ 1,620


■千葉市美術館 初期浮世絵展 に関するツイート


 
会場千葉市美術館
開催期間2016年1月9日(土)~2月28日(日)
所在地 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
TEL : 043-221-2311
HP : http://www.ccma-net.jp/
展覧会詳細へ 千葉市開館20周年記念展 初期浮世絵展 ─ 版の力・筆の力 ─ 詳細情報
取材レポート
東京ステーションギャラリー「メスキータ」
メスキータ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
江戸東京博物館「江戸のスポーツと東京オリンピック」
江戸のスポーツと…
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
小田原文学館「「坂口安吾」ができるまで」
「坂口安吾」展
渋谷区立松濤美術館「華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化」
大倉陶園100年
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
サントリー美術館「遊びの流儀 遊楽図の系譜」
遊びの流儀
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
静嘉堂文庫美術館「書物にみる海外交流の歴史~本が開いた異国の扉~」
[エリアレポート]
書物にみる海外交流
細見美術館「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」
[エリアレポート]
タラブックスの挑戦
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
入江泰吉記念奈良市写真美術館「石内都 布の来歴 ― ひろしまから」
[エリアレポート]
「石内都」展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展
唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 福島復興祈念展「興福寺と会津」 メスキータ展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社