インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  「静岡県富士山世界遺産センター」がオープン

「静岡県富士山世界遺産センター」がオープン

■螺旋スロープで、富士登山を疑似体験
世界にも広く知られる日本のシンボル、富士山。2013年6月には「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」として、ユネスコの世界文化遺産に登録されました。富士山の大自然や歴史・文化を紹介する拠点施設が、静岡県富士宮市に完成、2017年12月23日(土・祝)にオープンしました。
世界遺産になった富士山を後世に守り伝えていく拠点施設として整備された、静岡県富士山世界遺産センター。立地はJR富士宮駅近く、富士山本宮浅間大社の南側です。

(株)坂茂建築設計が手掛けた建物は、かなりのインパクトです。逆円錐形の建物は「逆さ富士」をイメージしており、手前の広大な水盤に、建物が富士山の形になって映り込みます。

「逆さ富士」の内部は展示棟で、螺旋状のスロープを上っていく動線。壁面には富士登山道の風景が美しい映像で投影され、1階から5階まで、全長193mのスロープを上る事で、富士登山を疑似体験しながら進みます。

上りきった最上階のホールとテラスは、絶景の撮影スポットです。周辺の構造物に遮られない、まさに絵に描いたような富士山をご覧いただけます。



後半は、スロープを下りながら展示ゾーンをまわっていきます。

火山としての富士山の姿を示す「荒ぶる山」、富士山への信仰をテーマにした「聖なる山」、美術や文学に表された富士山「美しき山」、高山帯から駿河湾までの生態系を紹介する「育む山」、人と富士山の未来について考える「受け継ぐ山」、という流れ。

それぞれのゾーンでも美しい映像やタッチパネルなどが設置されています。日本人なら誰でも知っている富士山を、さらに深く、そして楽しく、多角的に理解する事ができます。展示は(株)丹青社です。



2階には74席の映像シアターもあり、4K映像で富士山の自然や文化を紹介。企画展示室では富士山を題材にした絵画展などが行われ、開館記念展は「富士山の曼荼羅 ~参詣曼荼羅にみる富士山信仰の世界~」です(2月12日まで)。

浅間大社の参拝とあわせて、富士山をより身近に感じる事ができる新施設。有名なご当地グルメ「富士宮やきそば」も、すぐ近くの「お宮横丁」をはじめ、近隣の各所でお楽しみいただけます。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年12月14日 ]

まっぷる 富士山 富士五湖・富士宮'18まっぷる 富士山 富士五湖・富士宮'18

昭文社 旅行ガイドブック 編集部 (編集)

昭文社
¥ 972


■静岡県富士山世界遺産センター に関するツイート


 
会場静岡県富士山世界遺産センター
開催期間2017年12月23日開館
所在地 富士宮市宮町5-12
TEL : 0544-21-3776
HP : https://mtfuji-whc.jp
展覧会詳細へ 「静岡県富士山世界遺産センター」がオープン 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
東京国立博物館「特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」」
顔真卿
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社