インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展 仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―

特別展 仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―

■ばえる撮影エリアもあります
【会期終了】 真言宗御室(おむろ)派総本山の仁和寺(にんなじ)。仁和4年(888)に宇多天皇が創建し、歴代天皇の帰依を受けてきた仁和寺には、貴重な寺宝が数多く伝わります。仁和寺が所蔵する名宝と、御室派寺院の宝物を一堂に集めて紹介する展覧会が、東京国立博物館 平成館で開催中です。
譲位後、出家して仁和寺に入った宇多法皇。法皇が住む僧房を「御室」と呼んだ事から、御室は仁和寺の別称となりました。

第1章「御室仁和寺の歴史」も、宇多法皇の紹介から始まります。仁和寺第一世が宇多法皇。以降、第三十世の住職まで、天皇の皇子や皇孫など皇室出身者が就いています(第十世を除く)。

仁和寺と皇室の深い繋がりを示すのが、宸翰(しんかん:天皇直筆の書)の数々。仁和寺は御願寺(皇室の私寺)として、各代の天皇に崇敬されてきました。

国宝《三十帖冊子》は第1章の目玉。空海が遣唐使として唐に留学した際、現地の経典などを写したもので、唐の写経生のほか、空海自身が書いた箇所もあります。

1月28日までは、なんと全帖を一挙公開(展覧会では初)。その後は会期末まで、空海真筆部分を中心に2帖ずつ展示されます。


第1章「御室仁和寺の歴史」

第2章は「修法の世界」。修法(しゅほう)は、仏の力で現実世界に様々な影響を与える密教の儀式のこと。天変地異による災いが深刻だったこの時代、修法は国家的な行事として行われてきました。

第3章は「御室の宝蔵」。宇多法皇は崩じる9日前に御物を仁和寺の宝蔵に移し、仁和寺の宝蔵が成立しました。以後、厳重に管理されており、中には、日本における現存最古の医学書、国宝《医心方》など、極めて重要な資料も含まれています。


第2章「修法の世界」、第3章「御室の宝蔵」

展示室2に進むと、さらに目を引く宝物が続々と登場。第4章は「仁和寺の江戸再興と観音堂」です。

京都にある他の寺院と同様に、仁和寺は応仁の乱で被災。寺の伽藍はことごとく焼失しました。江戸時代に入り、三代将軍家光の援助を受けて再興されました。

中門内の西側にあるのが、観音堂です。僧侶の修行道場のため普段は非公開ですが、今回、展示室内に観音堂の内部が再現されました。

須弥壇には中央の千手観音菩薩立像をはじめ、従者の二十八部衆立像、風神・雷神立像、脇侍に不動明王立像と降三世明王立像と、計33体。観音菩薩のさまざまな姿を描いた壁画も、高精細画像で再現されており、須弥壇の裏側まで、極彩色の世界が広がります。

なお、このコーナーは写真撮影が可能。‘ばえる’こと、間違え無しです。


第4章「仁和寺の江戸再興と観音堂」

第5章「御室派のみほとけ」には仏像がずらり。仁和寺だけでなく、御室派の各寺院から、ふだん公開されていない秘仏も含めて出陳されています。

大日如来を中心に四仏が配されているのは、重要文化財《五智如来坐像》(大阪・金剛寺)。続く阿弥陀如来坐像と両脇侍像は国宝で、仁和寺創建時の本尊です。

ひときわ目を引く巨大な像は、重要文化財《降三世明王立像》と重要文化財《深沙大将立像》(ともに福井・明通寺)。像高は2.5メートルを超える巨像ですが、一木造り(1本の木材から像を彫り出す技法)で造られています。


第5章「御室派のみほとけ」

なお展覧会は、2月12日(月・休)までの前期と2月14日(水)からの後期で大きく展示替え。1041本の手を持つ国宝《千手観音菩薩坐像》(大阪・葛井寺)は後期に展示されます。他にも何回か展示替えがありますので、公式サイトでご確認ください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年1月15日 ]


※後期展には葛井寺の国宝「千手観音菩薩坐像」が出陳中です


葛井寺の国宝「千手観音菩薩坐像」

もっと知りたい仁和寺の歴史もっと知りたい仁和寺の歴史

久保 智康 (著), 朝川 美幸 (著)

東京美術
¥ 2,160

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■仁和寺と御室派のみほとけ に関するツイート


 
会場東京国立博物館 平成館
開催期間2018年1月16日(火)~3月11日(日)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://ninnaji2018.com/
展覧会詳細へ 特別展 仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ― 詳細情報
取材レポート
サントリー美術館「琉球 美の宝庫」
琉球 美の宝庫
東京都美術館「没後50年 藤田嗣治展」
藤田嗣治
三菱一号館美術館「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界」
「ショーメ」展
国立西洋美術館「ミケランジェロと理想の身体」
ミケランジェロ
国立新美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか」
ルーヴル 肖像芸術
東京国立博物館「特別展「縄文―1万年の美の鼓動」」
「縄文」展
神奈川県立歴史博物館「明治150年記念 真明解・明治美術」
真明解・明治美術
静嘉堂文庫美術館「─ 明治150年記念 ─ 明治からの贈り物」
明治からの贈り物
文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~
泉鏡花×人形
平塚市美術館「金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋」
深堀隆介
太田記念美術館「落合芳幾」
落合芳幾
国立歴史民俗博物館「企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」」
おみやげ博物誌
没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―
河井寬次郎展
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館「巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで―」
クレパス画展
出光美術館「「江戸名所図屏風」と都市の華やぎ」
都市の華やぎ
千葉市美術館「木版画の神様 平塚運一展」
平塚運一
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館
森ビル×チームラボ
「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がリニューアルオープン
岐阜かかみがはら
航空宇宙博物館
「川島小鳥写真展「つきのひかり あいのきざし」」
[エリアレポート]
「川島小鳥写真展」
「東京都美術館「没後50年 藤田嗣治展」」
[エリアレポート]
藤田嗣治
大阪歴史博物館 「明治維新150年NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」」
[エリアレポート]
西郷どん
「ポーラ美術館「ルドン ひらかれた夢 ―幻想の世紀末から現代へ」」
[エリアレポート]
ルドンひらかれた夢
「ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル 肖像芸術
「ヴァンジ彫刻庭園美術館「須田悦弘 ミテクレマチス」」
[エリアレポート]
須田悦弘
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。 ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか 生誕110年 田中一村展 フェルメール展
縄文―1万年の美の鼓動 「江戸名所図屏風」と都市の華やぎ 特別展 人形師 辻村寿三郎 プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018 スタート!!
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社