インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」

企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」

■「おみやげ」から見るニッポン文化!
【会期終了】 皆さんは「おみやげ」と聞くと、何を思い浮かべますか? 旅先のキーホルダー、人に配るためのご当地お菓子…。さまざまな「おみやげ」から日本の贈答文化を見直す展覧会が、国立歴史民俗博物館で開催中です。
旅行するとつい考えがちな「おみやげ」。欧州で用いられる「スーベニア」は、自分自身の旅の思い出に「おみやげ」を購入することを示すようで、他人への贈与のために購入するのは、日本人独特の考え方だとされています。

展覧会では、旅の思い出を他者へ伝えることから、自分の思い出として集められたものを通し、日本における「おみやげ」文化の変遷を展示、紹介していきます。

第1章「アーリーモダンのおみやげ」では、近世におけるおみやげの成立と展開について。ここでのアーリーモダンは、江戸時代を示します。

近代以降に発達した観光文化の特質の多くは、江戸時代に育まれました。展示されているのは、景勝地の絵図や道中記など。得意げに旅の思い出を話している当時の町民たちの姿が思い浮かびます。


1章「アーリーモダンのおみやげ」・2章「観光地のブランド化とおみやげへの波及」

続く第2章では、旅の目当てとなる場所や行事をおみやげにした事例を紹介しています。

有名な行事や景勝地がパッケージになったお菓子の箱など、一度は頂いた、あるいは、贈ったことがあるものが展示、紹介されています。

第3章では、観光地別で個性豊かなおみやげが展示されています。伝統工芸品のほか、その土地所縁の武将やご当地キャラクターなどが「おみやげ」になっています。


3章「現代におけるおみやげの諸相」

第4章「旅の文化と多様化とおみやげの展開」では、個性的なおみやげを紹介。海外でしか手に入らない珍しいおみやげや、ご当地名産のレトルトカレーなどが展示されています。

北海道の《オホーツク流氷カリー》は、青色のカレーで、流氷に見立てたホワイトチキンが中に入っているそうです。一体、どんな味がするのでしょうか。視覚と味覚で楽しめるユニークなおみやげが並びます。


4章「旅の文化の多様化とおみやげの展開」・5章「おみやげからコレクションへ」

第5章は、今後のおみやげの展望について。購入されたおみやげの行く末を、展示作品から考えていきます。

旅の思い出として、大事に取っておいても時間が経つとガラクタになってしまう物も多くあります。この章は「おみやげ」の在り方を再考する場でもあります。

これからお盆休みに出かける多くの方が、「おみやげ」を自分のために、あるいは、親しい人のために買うでしょう。「おみやげ」を買う前に、旅で得た物語と結びつけてみてはいかがでしょうか。

[ 取材・撮影・文:静居絵里菜 / 2018年7月9日 ]

おみやげ―贈答と旅の日本文化おみやげ―贈答と旅の日本文化

神崎 宣武(著)

青弓社
¥ 2,300


 
会場国立歴史民俗博物館
開催期間2018年7月10日(火)~9月17日(月・祝)
所在地 千葉県佐倉市城内町117番地
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.rekihaku.ac.jp
展覧会詳細へ 企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社