インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代

ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代

■眩しく見えた、段ボールアート
昭和から平成に時代が変わり、バブル景気に沸いた1980年代。戦後の日本美術に注目が集まる中、ズバリ80年代の日本美術に焦点を当てた展覧会が、国立国際美術館で開催中です。
近年、注目を集めている日本の戦後美術。内外の展覧会で「具体」や「もの派」が紹介され、その先進性に改めて光が当たっています。

以前は戦後美術といえば、概ね70年代までの動向に光が当たっていましたが、今年になって状況は一変。本展に先立って、7月には「起点としての80年代」展が金沢21世紀美術館で開催(高松、静岡に巡回)されるなど、80年代の時代の美術も、歴史的な流れの中で考察する動きが見えてきました。

本展は、国立国際美術館のみでの単独開催です。大阪万博の流れを受けて開館した同館は、現代美術を数多く所有。本展も出展作品の約半数が館蔵品と、国立国際美術館ならではの企画展といえます。

会場はクロノロジカル(年代順)の構成。1980~89年までを2年ずつに分け、5つのセクションで紹介しています(図録では1年ずつの構成)。各章では当時の社会状況も紹介する事で、時代性を踏まえて作品を実感してもらいます。

展示作品は78点。作家の年齢層は意外と幅が広く、30年代生まれから60年代生まれまで65名。ほぼ1人1作品です。

戦後の日本美術を説明する際、1950年代は前衛、60年代は反芸術、70年代は「もの派」や概念芸術と、ここまでは傾向を説明しやすいのに対して、全体像を捉えにくい80年代の美術。会場に並ぶ作品の「80年らしさ」が何なのか、一言で説明するのはなかなか困難です。今回の展覧会でも、この時代の美術館が何だったのか、結論づけていません。

この時代を象徴する美術家をあえて一人あげるなら、日比野克彦さんでしょうか。自身の若々しさと、段ボールの軽やかな作品は、堅苦しい「美術」という枠を超えて、社会に広まっていきました。

「セゾン文化」に代表される商業的な潮流が強かったとはいえ、美術と社会の接近は、この時代の特徴のひとつです。日比野さんの名前も、同時代の美術家よりも、糸井重里、田中康夫、ホイチョイ・プロダクションなどと並べるほうが、しっくりするように感じられます。

同時開催の「コレクション2:80年代の時代精神(ツァイトガイスト)から」も、80年代の美術がテーマ。ここでは、70年代までの美術が「表現、解釈、制作」の放棄を目指したに対し、80年代はそれぞれが復権した、としています。あわせてご覧いただく事で、自分なりの「80年代の美術」が整理してみてください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年11月2日 ]

1980年代1980年代

斎藤 美奈子 (編集), 成田 龍一 (編集)

河出書房新社
¥ 1,944

 
会場国立国際美術館
開催期間2018年11月3日(土・祝)~2019年1月20日(日)
所在地 大阪府大阪市北区中之島4-2-55
TEL : 06-6447-4680(代)
HP : http://www.nmao.go.jp/
展覧会詳細へ ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
国立新美術館「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」
ピエール・ボナール
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社