インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  企画展「工事中!」~立ち入り禁止!?重機の現場~

企画展「工事中!」~立ち入り禁止!?重機の現場~

■工事現場ではたらくクルマが大集合
【会期終了】 オリンピックを控えて、各所で工事が進む東京。土木や建築の現場を支えているのが、重機です。実物の重機、全10機とともに、最新の土木や建築の技術を紹介する企画展が、日本科学未来館で開催中です。
「土木は文明をつくり、建築は文化をつくる」と、土木建築工学では有名な言葉があるように、わたしたちの生活に極めて近いところにある土木や建築。ただ、工事の現場は安全上の理由もあって一般の目に触れにくいため、「何か凄そうだ」というイメージ以上の情報は、なかなか入ってきません。

今回の展覧会は、タイトルどおり「工事中」の現場の内側にスポットを当てた企画。工事現場に導入されているさまざまな技術、特に重機を中心に紹介していきます。

会場に入ると、いきなりSFに出てきそうな最新の重機「四脚クローラ方式双腕型コンセプトマシン」が登場。通常2つのクローラ(いわゆるキャタピラー)部分が4つあるので、傾斜地でも本体は水平のまま、安定した作業が可能です。アームなどをアルミ合金にする事で、軽量化も実現しました。



第1章は、工事現場で活躍する重機と土木の技術。土砂のかきおこしや盛土・整地を行う重機は、クローラで動くのがブルドーザ、車輪だとホイールローダです。トンネル工事で用いるのが、円盤に細かい歯がついたシールドマシン。回転しながら地中を掘っていきます。難工事だったトルコのボスポラス海峡横断鉄道トンネル建設工事は、日本の高い技術力で成功しました。

第2章は、街中の大規模工事現場の様子について。1961年に国産初の油圧ショベルとして登場したのが「ユンボY-35」、未来技術遺産にも選定されました。商品名の「ユンボ」は、油圧ショベルの代名詞に。若い時に工事現場のアルバイト(誘導です)をした時、なぜ「ユンボ」って言うんだろう、と思ってました。

第3章は解体工事。解体工事では、狭い土地の中で、いかに効率的に、また周囲に影響を与えないように進めるかがポイントになります。「ガジラDSカッター」は、鉄骨や鉄筋を含んだコンクリート構造物も切断・圧砕。「マグ・ゴン」は、鉄筋を回収する強力磁石。足元ペダルで電磁石のON・OFFができるので、効率良く鉄筋が収集できます。

第4章は、技術革新や未来の工事現場について。「UR-W295CBR」は、排気ガスを出さないバッテリー式のクレーン。高強度の炭素繊維強化プラスチックは、同じ強度の鋼製ワイヤーに比べ、重さが5分の1。寺などの木造建築にも使えます。地下の三次元データを使って、ゴーグルをかける事で地中の配管が見える未来の技術も紹介されていました。

もちろん、重機に乗って撮影できるスポットも用意。小さな子ども、特に男の子なら大コーフン間違いなしです。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年2月7日 ]

世界の働くくるま図鑑 上巻世界の働くくるま図鑑 上巻

スタジオタッククリエイティブ(編集)

スタジオタッククリエイティブ
¥ 2,160

料金一般当日:大人(19歳以上) 1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場日本科学未来館
開催期間2019年2月8日(金)~5月19日(日)
所在地 東京都江東区青海2-3-6
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://kojichu2019.jp
展覧会詳細へ 企画展「工事中!」~立ち入り禁止!?重機の現場~ 詳細情報
取材レポート
東京ステーションギャラリー「メスキータ」
メスキータ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
江戸東京博物館「江戸のスポーツと東京オリンピック」
江戸のスポーツと…
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
小田原文学館「「坂口安吾」ができるまで」
「坂口安吾」展
渋谷区立松濤美術館「華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化」
大倉陶園100年
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
サントリー美術館「遊びの流儀 遊楽図の系譜」
遊びの流儀
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
静嘉堂文庫美術館「書物にみる海外交流の歴史~本が開いた異国の扉~」
[エリアレポート]
書物にみる海外交流
細見美術館「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」
[エリアレポート]
タラブックスの挑戦
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
入江泰吉記念奈良市写真美術館「石内都 布の来歴 ― ひろしまから」
[エリアレポート]
「石内都」展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展
唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 福島復興祈念展「興福寺と会津」 メスキータ展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社