インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展

Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展

■現在進行形の伝説
【会期終了】 1962年に結成された、The Rolling Stones(ザ・ローリング・ストーンズ)。「サティスファクション」「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」など、数々のヒット曲を持つ、ロックの代名詞といえる存在です。ストーンズ自身のプロデュースによる世界巡回展が、東京・五反田で開催中です。
半世紀以上に渡り、ミュージックシーンの第一線で活躍するザ・ローリング・ストーンズ。ミック・ジャガーとキース・リチャーズは75歳、ロン・ウッドは71歳、チャーリー・ワッツは77歳と、メンバーは全員、古希を超えています。先日は北米ツアーの延期が発表されてファンを心配させましたが、またすぐに元気な姿を見せてくれる事でしょう。

展覧会は、バンド史上初めてとなる大規模な企画展。2016年4月のロンドン展を皮切りに、世界の主要都市で開催されている巡回展で、本展がアジアでは唯一の展覧会となります。

会場はTOC五反田メッセ。大きな建物を全て使い、1800㎡の展示空間に500点以上のアイテムを揃えました。会場いっぱいに、ストーンズの世界が広がります。



バンドの結成は、ブライアン・ジョーンズの呼びかけから。ミック、キース、ブライアン、イアン・スチュワート、ディック・テイラー(後にビル・ワイマンに交代)は、1962年にザ・ローリング・ストーンズとして初のライヴを行いました。

当時の彼らが住んでいたのが、ロンドン南西・チェルシー地区のフラット(アパート)。1つのベッドルームをミック、ブライアンと別のルームメイトでシェア。キースはリビングで寝ていました。キースが「ゴミ屋敷」というアパートが、会場に再現されています。

奥に進むと、ギターがずらり。キースとロニーのいわく付きの楽器のほか、ミックによる貴重な手書きの作詞ノートも展示されています。

ストーンズのシンボルでもある「ベロ・マーク」こと「Lips and Tongue」をデザインしたのは、ジョン・パッシュ。ミックが持ってきた、ヒンドゥー教の女神の切り抜きからの発想です。ミックの唇が基になっているという説については「元々はそうではなかったけれど、無意識にそうなったのかも」との事です。

ストーンズは活動の初期から、グラフィックデザインを重要視していました。ゲレッド・マンコヴィッツ、アンディ・ウォーホル、ジェフ・クーンズら一流クリエイターとコラボレーションして、時代を彩っていきました。

後半の衣裳は圧巻。マネージャーの提案で、デビュー当初は千鳥格子のテーラードジャケット(!)で揃えていましたが、ほどなく不良スタイルに変わりました。

ミックがライヴで「Sympathy for the Devil/悪魔を憐れむ歌」を歌う際の衣裳は、ライヴ映像とともに展示。問答無用のカッコ良さです。

楽屋裏を模した展示を抜けると、会場最後は3Dのライヴシアター。オフィシャルグッズ売り場も充実しています。

展覧会の公式サイトには、アンバサダーを務めるChar、鮎川誠、シシド・カフカをはじめ、多くの著名人からのコメントも。今さらですが、改めてその影響力の強さを実感します。現在進行形の伝説を、往年のファンはもちろん、若い人もぜひお楽しみください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年3月14日 ]

ザ・ローリング・ストーンズ・ライナー・ノーツザ・ローリング・ストーンズ・ライナー・ノーツ

寺田 正典(著)

ミュージックマガジン
¥ 1,851

料金一般当日:円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場TOC五反田メッセ
開催期間2019年3月15日(金)~6月5日(水)
所在地 東京都品川区西五反田6-6-19
TEL : 0570-063-050
HP : https://stonesexhibitionism.jp/
展覧会詳細へ Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
江戸東京博物館「士
士 サムライ
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 大観・春草・玉堂・龍子 ― 日本画のパイオニア ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 秋季特別展「名場面」 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 秋季企画展「技と造形の縄文世界」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社